食育資格には通信講座がある

約 1 分
食育資格には通信講座がある

食育関連の資格には何がある?

食生活は人が生きていくうえで非常に重要なポイントとなります。食生活の変化は体調の変化と関連しており、食生活の管理は体調管理とほぼ同義になります。この食生活の乱れ、及び食に関する大きな変化が最近で顕著となり、食環境を見直すべく様々な活動が全国的に行われています。そして食育に関して確かな知識を持った人への需要が高まり、その指標となる資格にも注目が集まっています。ではこの食育に関連した資格にはどのようなものがあるのでしょうか。食育の全般的な知識を持っていると認定してくれるような資格から、食育の中でもある特定の分野に特化した内容の資格までいろいろあります。「食育インストラクター」は食育の知識が広く必要で、人に教えられる能力があることの証明になります。「食育アドバイザー」もおおよそ食育インストラクターと似た内容となっています。「食育スペシャリスト」は食育の知識に加えてビジネス力が必要になります。食育をビジネスに活かせるよう、プレゼンテーション能力や企画力が問われます。「食育メニュープランナー」では食事のメニューを考える力が必要になります。食材を活かした内容となっている必要があり、そのメニューのプランニング能力が認定されます。「フードコーディネーター」では食に関するビジネスのマネジメントやそのプロデュースできる力の認定をしてくれる資格となります。

資格の内容

以上に挙げた資格の他にも、様々な食育に関係がある資格があります。その内容は基礎に食育の考え方があるものが多く、その基礎知識に加えてそれぞれの資格の趣旨にあった特異性が付加されています。大別すると、食育理念の教育者を認定するもの、食をビジネスとして活用するための資格、食事メニューを栄養や食材とのバランスを考えて組み立てる内容、といった具合です。例えば食育インストラクターや食育アドバイザーは教育者の認定を行う資格と言えるでしょう。

資格取得への道のり

最近では食育という言葉の普及に伴ってテキストや教材と言った本も多く発行されています。独学で学べることも多いですが、これらの資格のほとんどは通信講座が準備されているというのが食育関連の資格の特徴です。そのためまずは、目当ての資格の公式WEBサイトから資料を請求して、資格取得までの流れをしっかりと認知しておく必要があります。通信講座を受ける場合、本を数冊買うだけの値段よりはるかに高い費用が必要になるからです。そしてその資料の請求をすると、各々でわかりやすくまとめられた資格情報が載っている資料を手に入れることができるのでおすすめです。そして通信講座を受けることが必須の場合もあるので、そのことを踏まえたうえで申し込みをすると良いでしょう。食育に関する資格は通信講座が必須の場合が多く、そのような資格では独学で学んでいてもカリキュラムを一から受けなくてはならないため学習内容が重複することも考えられます。まずはがむしゃらに勉強をはじめるのではなく、資格を念頭に置いて食育の知識を付けるときには将来の可能性を考慮し興味のある資格の情報を集めておくことが重要になってくるでしょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More