仕事にもできる食育アドバイザー

約 1 分

食に関係する仕事

食と人間との関係は切り離せられるものではなく、多面的な関わり合いを持っています。そのため食に関係する職業も多く存在します。食材の流れを追って説明していくと、まずはやはり第1次産業にあたる農業や漁業に従事する人達によって始まります。まず食材そのものを生産しないことには何も始まらないのです。農業では植物の栽培や動物の畜産、漁業では魚介類の捕獲や養殖をすることで食材となる元を生産しています。そしてその後小売業や飲食業へと流通し、様々な方法で一般の消費者のもとへとたどり着きます。飲食業ではその食材の知識や、特に調理技術が重要となります。小売業においては飲食業ほど食のみに関係しているわけではないにしても食材への知識は当然必要になります。飲食業といってもひとくくりにするには多すぎるほどそのジャンルを分けることができます。そしてそのジャンルによって必要とされる知識や技術は大きく変わってきて、その専門性が現れることになります。例えば寿司職人では特に魚介類の知識と握りの技術は重要で、何年もの修行期間を経てようやく一人前になれるという業界です。一方菓子職人では食という大きな分野では被っているものの寿司職人とは食材の知識も技術の内容もまったく異なります。この他和食や洋食といった分類をされるシェフなども同様です。少し視点を変えると、栄養士やソムリエのような仕事もあります。栄養士では先ほどの技術的内容が重視される職業と比べて知識の比重が大きい仕事となります。栄養士は調理方法についても知っている必要がありますが、仕事の根っことなる内容は栄養バランスを整えることなのです。座学的な内容を多く含み、大学など専門的な学校で学ぶことが必須条件です。ソムリエなどは以上の職業と比べると自身の感覚がとにかく重要です。機械的に知識を身につけているだけではできない仕事なのです。

食育アドバイザーの仕事活用

このように食に関する仕事は非常に多く、一つ一つを見ていくと各々の関係性が薄い職業も見受けられます。しかし近年食生活そのものへの見直しが頻繁に警告されるようになり、食そのものへの関心、そして食育という考え方にも注目がいくようになりました。食育アドバイザーという資格では食育全般の知識及びその知識を指導する力を認定してくれます。食育とは食環境を取り巻く多くの面から人間の健全な心身と人間性を育む教育をすることを表しており、上記した数々の業界すべてに関係しています。食材への知識や適切な料理法、栄養学など多様な立場から考えるのが食育なのです。そして食育アドバイザーに関しては、食育というテーマだけを扱った職業は少ないものの多くの活躍の場があります。それぞれの職業において、食育アドバイザーを取得していることでできる仕事の幅が広がります。また食育への関心が高まりつつある現代において、食育アドバイザーとして事業を立ち上げることも可能となります。こうして食育アドバイザーの資格を取ることは様々なメリットがあることが分かります。また、この資格の取得には通信講座もあり、独学で食育を学ぶよりも効率よく、そして確かな知識の習得が期待できるのです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More