食育アドバイザーは独学で取得可能?

約 1 分

食育アドバイザーの難易度

食育の普及によって人気が高まりつつある食育アドバイザーは、食に関わることの多い職業の方や主婦の方に受験者が多いです。食育基本法および食育推進基本法によって、より多くの国民に食育への関心を持ってもらうことが重要とされており、食育アドバイザーもその敷居を低く設け、これから学んでみようと意欲を持っている人のために受けやすいようにできています。そのことを実現するため、在宅受験を可能にするなどの工夫がされています。また難易度が高すぎると受験者数が減ってしまいます。そして合格者数ももちろん減ってしまうということは食育の推進運動の広がりも小さくなってくるのです。意欲的な人には合格してもらい食育アドバイザーになってもらうことが推進運動の面からすると望ましいですが、知識はしっかりと習得していないと意味がありません。あまりに知識が足りていない人が食育アドバイザーを名乗っていると食育アドバイザーの価値が下がり食育そのものへの信頼や安心も得られなくなってしまいます。そこで認定教育機関による講座を履修することで食育が学べるような制度を設けています。

独学で取得できるのか

この食育アドバイザー講座を受けることが試験勉強となり、そして受験資格の取得となります。つまり独学で食育を学ぶことはできてもそれだけで食育アドバイザーの資格取得には至りません。ですが独学をしようという意識はとても大切なことです。講座を受けて受験、そして合格したのちも独学で学習を続けることは食育アドバイザーとしてさらなるスキルアップに繋がるのです。

食育アドバイザー資格取得講座について

この指定の講座は3か月程度の期間で試験内容の全部を網羅することができるカリキュラムとなっています。食育を活かした実践的な力をつけることが目的の一つであるため安全な食品選びや栄養を考慮した献立作成、その知識を応用した免疫力を高める食事の知識などを習得できるようになっています。特に食育の推進は子供に向けたものが多く、その重要度は高いです。食育アドバイザーを目指す人の中には子供がいる人も多いです。このような方の場合日常において家庭の食生活で資格が活きてきます。長らく勉強という行為をしておらず、受験に対して不安をもっている人でも、この講座ではサポーターがいるため、安心して勉強をしていくことができるようなサービス内容となっています。

食育アドバイザーの需要

食育推進が進められている昨今では食育に関して知識を持ったプロフェッショナルの需要は高くなっています。食関連の職場では食育アドバイザーの取得で、より仕事の幅が広がることも考えられます。また職業としてこの資格を利用しないにしても、生涯において食育の知識が無駄になることは決してありません。それは食が人間において必要な本能的行為および文化的行為でもあり、生きる上で欠かすことができないからです。そして食とのかかわり方次第で健全な心身を育むことができないこともあり、病気になってしまったりもします。そのため間違った方向へ進みそうな人たちへアドバイスができる食育アドバイザーはどこかで必要になってくるのです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More