食育アドバイザーは独学で取得可能?

約 1 分

食育アドバイザーの難易度

食育の普及によって人気が高まりつつある食育アドバイザーは、食に関わることの多い職業の方や主婦の方に受験者が多いです。食育基本法および食育推進基本法によって、より多くの国民に食育への関心を持ってもらうことが重要とされており、食育アドバイザーもその敷居を低く設け、これから学んでみようと意欲を持っている人のために受けやすいようにできています。そのことを実現するため、在宅受験を可能にするなどの工夫がされています。また難易度が高すぎると受験者数が減ってしまいます。そして合格者数ももちろん減ってしまうということは食育の推進運動の広がりも小さくなってくるのです。意欲的な人には合格してもらい食育アドバイザーになってもらうことが推進運動の面からすると望ましいですが、知識はしっかりと習得していないと意味がありません。あまりに知識が足りていない人が食育アドバイザーを名乗っていると食育アドバイザーの価値が下がり食育そのものへの信頼や安心も得られなくなってしまいます。そこで認定教育機関による講座を履修することで食育が学べるような制度を設けています。

独学で取得できるのか

この食育アドバイザー講座を受けることが試験勉強となり、そして受験資格の取得となります。つまり独学で食育を学ぶことはできてもそれだけで食育アドバイザーの資格取得には至りません。ですが独学をしようという意識はとても大切なことです。講座を受けて受験、そして合格したのちも独学で学習を続けることは食育アドバイザーとしてさらなるスキルアップに繋がるのです。

食育アドバイザー資格取得講座について

この指定の講座は3か月程度の期間で試験内容の全部を網羅することができるカリキュラムとなっています。食育を活かした実践的な力をつけることが目的の一つであるため安全な食品選びや栄養を考慮した献立作成、その知識を応用した免疫力を高める食事の知識などを習得できるようになっています。特に食育の推進は子供に向けたものが多く、その重要度は高いです。食育アドバイザーを目指す人の中には子供がいる人も多いです。このような方の場合日常において家庭の食生活で資格が活きてきます。長らく勉強という行為をしておらず、受験に対して不安をもっている人でも、この講座ではサポーターがいるため、安心して勉強をしていくことができるようなサービス内容となっています。

食育アドバイザーの需要

食育推進が進められている昨今では食育に関して知識を持ったプロフェッショナルの需要は高くなっています。食関連の職場では食育アドバイザーの取得で、より仕事の幅が広がることも考えられます。また職業としてこの資格を利用しないにしても、生涯において食育の知識が無駄になることは決してありません。それは食が人間において必要な本能的行為および文化的行為でもあり、生きる上で欠かすことができないからです。そして食とのかかわり方次第で健全な心身を育むことができないこともあり、病気になってしまったりもします。そのため間違った方向へ進みそうな人たちへアドバイスができる食育アドバイザーはどこかで必要になってくるのです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More