食育の資格取得のために本は必要か

約 1 分

テキストの重要性

これから食育について学ぼうと考えている人もいることだと思います。そしてその勉強を食育関連の資格取得のために活かそうと考えている人、または始めから特定の資格に向けて勉強をしようと考えている人、人それぞれだと思います。しかし勉強をするとき、つまり新しく知識をつけるにはどこからか情報を入手しなくてはなりません。それは例えば人から口頭で教えてもらうことやインターネットで検索して調べるやり方などがあります。そして最も一般的な方法に本を買って読むという方法があります。この場合の本はテキストや教材とも言われますが、人から直接教えてもらうことと、インターネットでの情報収取の間の性質を持っていると考えられます。人に直接教えてもらうと知識の吸収率も高く質問もできるため効率が高いです。しかし一人で落ち着いた環境で勉強してマイペースに進めたい場合には、講師によっては合わない可能性もあります。一方インターネットは自分の思い通りに事を進められますが、情報の信頼性は低く、欲しい情報が散在していることも多いです。この点本を買うことによるメリットは執筆者や発行会社も分かっているため情報の信憑性も高く、順を追って説明がされているため勉強を進めやすいです。食育に関する本も多数販売されていて、各々の視点から書かれた本を選ぶことで食育の中でも特に学びたい内容について重点的に学ぶことができます。

資格取得のための本

食育関連の本はいくつも存在しているものの、自分の状況に合わせた本を買わなければ意味はあまりありません。特に資格取得に向けた場合、その資格専門に書かれたものであることが望ましいです。このように資格取得には専用の本を買うことが通常ですが、食育関連の資格の場合少し注意が必要です。それはその受験方法によって変わってきます。近年の食文化見直しの風潮が強まっていることを受けてこの他の資格等も知名度上げてきていまが、食育関連の資格で特に人気なものは「食育アドバイザー」や「食育インストラクター」です。ここで例に挙げた二つの資格は実施している団体から指定されたカリキュラムをこなさなければなりません。学校や通信講座と言った講義を受けます。そのためこの講座を始めるにあたってテキストを購入することになるので、事前に自分で本を買っていると内容の被った本を新たに買う可能性も出てくるのです。当然完全に一致している本はないので、それが無駄になるとは言い切れませんが、少しもったいないです。逆に資格に直接的な関係がないような本であれば、学習に当たって参考資料として参考になることは期待できます。

取りたい資格から決める

似た内容の本をいくつも買うのが費用的にも資源的にももったいないと感じる方は、あらかじめ資格の情報を入手しておく必要があります。まずは自分が本当に受けたい資格を決め、そしてその資格に専用のテキストがあるのかどうかを調べます。さらに通信講座が受験のために必須であれば支給されるテキストがあることが多いため購入は待ったほうが良いと考えられます。しかし情報量の多いことに越したことはないため、一般的な食育に関してまとめられた本は、資格を今後活かす場合には持っておいて損はないでしょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More