ユーキャンで目指せる実生活に役立つ食育資格

約 1 分

ユーキャンで学べる食育

60年以上の歴史のあるユーキャンでは、食育への関心の高まりを受けて、家庭や仕事で役立つ食に関する3講座を開設しています。実生活ですぐに活かせる内容は、生涯の財産となることでしょう。

3講座のうち、今のあなたに最もふさわしい講座はどの講座でしょうか。食に関する正しい知識を身につけ、健康と美容に役立てるための食育資格の特徴について、まとめました。

家庭で役立つ知識が充実している資格

美味しく食べることを大切にしている「食育実践プランナー」は、家庭でのメニュー作りや、食事のマナー、食材の目利き力など、家庭で役立つ知識が充実しています。ライフステージに応じた、食についての正しい知識を身につけることができ、食育の知識と実践力、指導力が備わっていることの証明となります。同講座で学べる内容は、家庭内で役立つ知識が中心ですが、セミナーや料理教室、ボランティアなど、家庭以外の場所でも応用可能です。

野菜や、肉、魚などの目利き力が養われる「目利き便利帳」や、バランスが良い献立作りに役立つ「食育実践レシピ集100」など、食育を楽しく学ぶための教材が充実しています。

「食育実践プランナー」は、一般社団法人日本味育協会の認定講座です。自宅で受験可能な試験はマークシート方式で、合格ラインは70%以上となっています。受験資格はありません。

活躍の幅を広げられる資格

「食生活アドバイザー」は、食に関する幅広い知識をバランス良く身につけることができ、医療や福祉、飲食業界、生産現場、家庭など、さまざまフィールドで役立てることができる資格です。食品関係業界や卸売業などで受験を推奨している企業も多く、昇給や昇格につなげることも夢ではありません。食についての正しい知識を身につけ、実践で役立てたい方にオススメです。

「食生活アドバイザー」は、一般社団法人FLAネットワーク協会の認定講座です。イラストや図解が豊富なテキストは使いやすく、学びをスムーズに進めることができるでしょう。各級別の予想問題集もついているので、効率的に資格取得を目指すことが可能です。

受験資格はなく、毎年7月と11月にチャレンジすることができます。60%以上の得点で合格となり、合格率は3級が約58%、2級が約38%となっています。受験料は、3級が4,700円、2級が7,300円、3級と2級の併願が12,000円です。

野菜と果物のプロを目指せる資格

野菜と果物を味方につけ、美味しく、健康的な食生活を送りたい方にオススメなのが、「野菜スペシャリスト講座」です。野菜や果物は、ビタミンやミネラル、食物繊維など、健康維持に欠かすことができない栄養素が豊富です。低カロリーなので、ダイエットや生活習慣病の予防にも効果的です。

「野菜スペシャリスト講座」では、野菜や果物選びのポイントから、栄養素に関する知識、食卓に美味しく取り入れる方法、生産や流通に関する知識などを学ぶことができます。テキストは、写真やイラストが多数掲載されており、重要なポイントも整理されているので、楽しく学びを進めることができます。500種類以上の野菜と果物を掲載した「野菜と果物の図鑑」や、食材別、体調、症状別のレシピを掲載した「野菜&ヘルシーレシピ集」など副教材も充実しています。

「野菜スペシャリスト」は、一般社団法人FLAネットワーク協会の認定講座です。受験資格はなく、誰でも、自宅で試験を受けることができます。マークシート方式の試験は、70%以上の得点で合格となります。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More