管理栄養士が取得しておきたい食育の資格

約 1 分

管理栄養士と食育の資格

国家資格である管理栄養士は、栄養学に関する専門的な知識と技術を持って、栄養指導や、給食管理、栄養管理を行うことができる専門職です。栄養士は、栄養士養成施設を卒業すると同時に取得できるのに対し、管理栄養士は、管理栄養士国家試験に合格しなければ取得することができません。平成27年度の合格率は、管理栄養士養成課程(新卒)が85.1%、管理栄養士養成課程(既卒)が5.4%、栄養士養成課程(既卒)が9.2%となっており、容易に取得できる資格ではないと言えるでしょう。

管理栄養士は、栄養の専門職として高度な知識と技術を持っていることの証明となる、とても価値の高い資格です。医療、スポーツ、学校など、活躍できるフィールドも広いのが特長です。しかし、食育を実践するにあたっては、管理栄養士の資格だけでは十分だとは言い切れないかもしれません。活躍の幅を広げ、より多くの人に食の大切さを知ってもらうために持っておきたい食育の資格を紹介します。

食育インストラクター

食育インストラクターは、特定非営利活動法人 日本食育インストラクター協会が認定している資格です。理解や実践レベルなどによって、5段階に分けられており、最上位である1級は、食育全般に関する幅広い知識と専門知識を有し、広く普及活動ができることの証明となります。筆記試験だけでなく、実務経験や、実践している食育活動の報告、食育レシピの提案など、食育の実践に必要な知識と技術が問われます。

食育インストラクターの学びを通して、食育に必要となる自ら考え意見を述べる力や、食について分かりやすく説明する能力を養うことができます。管理栄養士の資格と合わせて取得することによって、専門的な知識と、高いコミュニケーション能力を有していることの証明となるでしょう。

フードコーディネーター

フードコーディネーターは、特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会が認定しています。認定試験は、3級、2級、1級に分かれており、1級はフード業界でプロとして活動できることの証明となります。食い関する幅広い知識にプラスして、仕事に応じてチームを組み、各スペシャリストたちを最善の解決法に導く能力が求められます。

フードコーディネーターは、細分化、専門家している食の情報を、複合的にコーディネートする役割を担います。管理栄養士の資格に、フードコーディネーターの資格をプラスすることによって、食をトータルプロデュースする能力を有していることの証となるでしょう。

アスリートフードマイスター

アスリートフードマイスターは、株式会社アスリートフードマイスターが認定している資格です。アスリートフードマイスターは、アスリートのパフォーマンスを最大化するために、「いつ」「何を」「どのように」食べたら良いかを分かりやすく伝え、食を通じてサポートするのが仕事です。管理栄養士の資格と併せ持つことで、食のプロフェッショナルとして、スポーツの世界で活躍する幅が広がります。アスリートフードマイスター講座で学んだことを活かし、講師として活躍している人も少なくありません。モデルの近藤千尋さんや、フリアナウンサーの本田朋子さんなど、著名人に保有者が多いのも特長です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More