いただきますは魔法の言葉!保育園で学ぶ食育とは

約 1 分
いただきますは魔法の言葉!保育園で学ぶ食育とは

食事を始めるときに「いただきます」、食事を終えたら「ごちそうさま」と、普段からなんとなく使っている方も多いのではないでしょうか。しかし、これらの言葉は決してごはんを食べ始める合図や食べ終える合図ではありません。

「いただきます」と「ごちそうさま」の本当の意味は、思っている以上に重いものです。今回は保育園で行われている食育活動を基に、「いただきます」と「ごちそうさま」についてまとめました。

「生命をいただく」ということ

私たちは、植物や動物などの生き物の命をいただいて、自らの命を養っています。「いただきます」という言葉には、こうした「生命をいただく」という感謝の意味があるのです。

また、米や野菜を育てる人や食用動物を育てる人、魚を獲る人、食べ物を運ぶ人・売る人、働いてくれる家族、食事を作る人など、食事が運ばれてくるまでにはたくさんの人が関わっています。

生きていた命だけでなく、こうした全ての人たちへの感謝の気持ちが「いただきます」という言葉には込められているのです。食べ物を粗末にするということは生きていた命を粗末にすること、食に携わるたくさんの人の気持ちを粗末にすることと同じといっても過言ではありません。

ごちそうさまの本当の意味

ごちそうさまの「ご馳走」には、贅沢な食事や食事をもてなすといった意味がありました。さらに語源をたどると「馳走」は走り回ることを意味し、客人の食事を用意する際に馬を走らせて食材を集めたり、もてなし側が走り回って食事を用意したりといった行動が由来となっています。

こうしてまで食事を用意してくれたことに感謝をし、「馳走」に「御」と「様」がついて「ご馳走様(ごちそうさま)」となったのです。

手間をかけることで感謝の心を知る

家電技術の発達や冷凍食品の普及など、食に関してなにかと便利な時代になりました。そんな中、保育園では作物を育てる体験をするなどといった手間のかかる作業を敢えて行っています。

子どもにとっては粘土遊びや泥遊びに近いものがありますが、自然と触れ合いながら一生懸命に作物を育てることで命の大切さを知り、また作物を作る人への感謝の気持ちが芽生えることでしょう。

「いただきます」が魔法の言葉になる

子どもが保育園や幼稚園に通っていなくても、小さなプランターで作物を育てるなど、家庭でもこうした体験をすることが可能です。

毎日水やりをして育てた作物を収穫し、料理して口の中に運ばれるまでどれだけの労力が必要なのか。たくさんの人が関わっているということを身を以て知ってからの「いただきます」は、これまで以上にごはんが美味しくなる魔法の言葉になることでしょう。

まとめ

食べ物を大切にする、関わってくれたたくさんの人に感謝をする、ということを理解するにはある程度の年齢にならないと難しいものです。

離乳食を終えて大人と同じ食事をするようになっても、しばらくの間はごはんで遊んだり残したりといった状況があります。これに対し、「もったいないから全部食べなさい!」と叱ったりしていませんか?

大人からすると食べ物を粗末にしているようにしか見えない光景でも、子どもにしてみれば「これは食べられるのか」といった確認作業です。口に含んで出してしまったり残したりしても、また違った調理法なら食べるかもしれません。食べ物の大切さの前に、まずは食べる楽しさを教えてあげると良いでしょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More