家族の健康を支える!主婦におすすめの食育資格

約 1 分

主婦たちに大人気!食育資格とは

食育とは、生涯を通して健全な食生活を送ることができるようにするためにも、食に関連する適切な判断能力を身につけること、簡単に説明するとこういったものです。食育の資格は在宅で取得できるものがほとんどなのに、家庭のみならず社会でも活かすことができます。

食育の資格は数え切れないほどあるため、どの資格を取得すれば良いのか悩む人も少なくありません。ほどんどの資格は食育を基礎から学び、そこからさらにそれぞれの専門知識を学ぶことができるため、自分のスタイルに合った道を選択すると勉強したい資格を絞り込むことができるでしょう。

さらに、主婦におすすめしたい理由を以下にまとめました。

家族の健康をサポートすることができる

食育を学ぶということは、正しい食材の選び方、調理法、食事の姿勢やマナー、味育、食文化などなど・・本当にたくさんの食に関する情報や技術を身につけることができるのです。

身につけた食育を実践するにあたり、すぐに実行できる場は家庭でしょう。食育の知識があると自然と家族の健康状態が気になり、食生活・習慣の見直しを図るなどの対策に励んだり、毎日の買い物に役立てたりと食に対する見方が変わります。ママやパパが家族の健康を思って生き生きと食事の準備に取り掛かる姿に、子どもたちもご飯の時間が待ち遠しくなることでしょう。

在宅で取得可能!時間を有効活用できる

ほとんどの食育の資格が在宅で取得することができるため、妊娠中や産休中など、自宅で過ごす時間を有効活用することができます。また、栄養士などの難関資格に比べ、短期間で取得することができるのも人気の理由のひとつです。

独学では学びきれない部分をサポートしてくれるのも通信講座の良いところ。教材が一気に届くので、試験合格前でも食育を実践し、生活に役立てることができます。

復職に強い資格も!履歴書にもかける

在宅で取得した資格はどれも国家資格に該当しませんが、飲食店などの食に関連する職業に就きたい時には履歴書に書くことができ、また無資格者と比べると有利になります。

食育は基本法が定められた2005年から徐々に広まり、今では当たり前のような言葉となりつつありますが、まだまだ専門知識を持った人材は少ないため、復職の際に有利になる資格もあります。

主婦におすすめする食育資格

日々の生活に役立てたいのであれば、食育アドバイザーや食育実践プランナー、食生活アドバイザーなどがおすすめです。

食育メニュープランナーはその名の通りですが、年代や体調などそれぞれのシーンに合った献立の組み方を詳しく学ぶことができます。

タレントとしても有名な服部幸應氏が監修の食育インストラクターは、社会でも活躍することのできる食育の指導者の証が与えられますが、これに似ている名前の資格にアタッチメント・食育インストラクターという資格があります。

これは、一般社団法人 日本健康食育協会が監修のもと、独自に開発された養成プログラムで、心理学・栄養学・歯学の3つを基にした心理学と育児の専門資格です。もっと内容を掘り下げると、子どもをもつ親が”本当に”知りたい食育の知識を学ぶことができる資格です。

この他にも、もっと専門知識を学ぶことのできる食育資格はたくさんあります。興味のある方は是非調べてみてください。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More