同時取得も可能!食育健康アドバイザーと管理健康栄養インストラクターとは

約 1 分

食育健康アドバイザーとは

食育健康アドバイザーとは、食に関する豊富な知識を習得し、日常生活において実践することができる資格です。私たち人間が生きていくためには「食べる」という行為が必要不可欠です。しかし近年は欠食やジャンクフードの過剰摂取といった食生活の乱れによる心身への影響が問題視されています。

教育現場においては食の確かな知識や選択力を習得する食育授業が行われていますが、大人はセミナーや講習会等に参加しない限り食の基礎知識を得ることができません。こうした背景からも、近年食育健康アドバイザーは人気の資格となってきました。自身の健康のために、また家族等身近な人間のサポートをするのにも食育健康アドバイザーの資格が役に立ちます。

食育健康アドバイザーが活躍できる現場

食育健康アドバイザーは、調理師や栄養士、医療、教育現場等ですでに活躍している方が自身のスキルアップのために取得することでさらなる高評価を狙うことができます。

また、講演会やセミナー講師、食に関連する職業にも有利になります。

管理健康栄養インストラクターとは

私たちは毎日の食事から栄養素を体内に取り入れていますが、これらを効率よく体内に取り入れるためににはどうしたら良いのか。管理健康栄養インストラクターは、こうした栄養学の基礎となる知識を学習し、身につけることができるのです。さらに、腸内細菌が私たちの体に及ぼす影響や、食品表示の読み方なども学習することができるなど、食品の奥深い専門知識を身につけることができます。

管理健康栄養インストラクターとは、いわば食品全般の理解度が深いプロのことをいいます。資格を取得することで、スーパーでの食材選びや毎日の食生活の質を向上させることができるのです。

管理健康栄養インストラクターが活躍できる現場

上にも記載した通り、管理健康栄養インストラクターは日常生活ですぐに実践することができるため、主婦の方にも人気の食育資格となっています。また、最近は健康食にも注目が集まっているとあって、飲食業界で働く方がスキルアップのために取得することも多く、健康食を提供することの多い福祉施設で働く方にも人気の食育資格です。

さらに、インストラクターとして活躍したり、自宅で料理教室を開講し、レシピ等と一緒に栄養学を教えることもできます。また、栄養学の基礎知識を習得することができるとあって、管理健康栄養インストラクターの資格を取得後に国家資格である管理栄養士の資格取得を目指す方も多いようです。

まとめ

上記で挙げた2つの資格はそれぞれ異なる協会により主催されていますが、諒設計アーキテクトラーニングやSARA School JAPANでは、JSFCA(日本安全食料料理協会)が主催する食育健康アドバイザーと、JIA(日本インストラクター協会)が主催する管理健康栄養インストラクターの2つの資格を同時取得することが可能です。

通常のW資格取得講座ではそれぞれの資格試験を受験し、合格することで資格を取得することができますが、W資格取得スペシャル講座では、卒業課題を提出することで試験を免除することができます。

生きるために必要不可欠な「食」に関する資格は需要もあり、様々なシーンにおいて活躍することができます。興味のある方はぜひ調べてみてください。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More