食育を通して感謝を知ろう。~いのちをいただきます~

約 1 分
食育を通して感謝を知ろう。~いのちをいただきます~

いただきます

頂きます。と、食べる前に言う習慣があります。

習慣の為、なぜ「いただきます」、なのかあまり深く考えないまま、口にしている方も多いです。また、「いただきます」を言わずに食べている、という方も多いです。

なにに対していただきます、なのか、食育を通して伝え、そしていただく、という事に感謝をすると、毎日の食習慣はもっとかけがえのない大切なものになります。

一人ひとりが「いただきます」の意味を今一度考え、向き合い、これからの未来を作っていく子ども達や若い世代達に伝えていきましょう。

生きている命を頂きます

私達が普段口にしているお肉や魚。そして野菜や果物。それらはすべて、この世に生を受け、生きている生物です。

私達人間と同じように、親がいて子どもがいて、おじいちゃんやおばあちゃんがいて、兄弟がいて、私達人間がわからない言葉で会話もするし、私達人間と同じように子どもを守ったり、お乳をあげたりしています。

私達人間は、弱肉強食の食物連鎖の頂点に立ち、それらの命を日々、奪い頂いています。

子ども達が大好きなウインナーも、動物の内臓の皮に肉を詰め込んで加工しているものです。見た目が「肉」ではないので、その事実を知らない子どもも多いです。

そして、必要以上に作られ、廃棄されていく「いのち」も多いのです。加工されているため、姿形が違えども、ファストフード店で大量に廃棄される加工肉や、スーパーのお惣菜等、キリがないほどに、食が豊かになり、便利になり、いつでもどこでもおいしく温かいものが食べられるようになった現在なので、私達はより一層いのちを頂いているという事に真摯に向き合い、一人ひとりがその事について考える必要があります。

生きていく為、明日を作るためには、食べなければなりません。特に肉や魚は、良質な蛋白源です。

生きていくために、いのちを頂く事が必要なのです。

しかし私達がとる食事は、生きていた命だという事を理解していけば、食べ残しや好き嫌い、粗末にしてはいけないという事が分かり、また感謝の念が生まれます。

毎日の食事に感謝しましょう。そして、それを伝えていきましょう。

その「食事」になるまでに

命を頂く、という事に対しては、動物達の命についてがピックアップされる事が多いです。

しかし、その「食事」になるまでに、沢山の命が含まれています。

例えば、畜産農家の方が毎日動物達をお世話する時間。解体する時間。配送する時間。店に出す時間。販売する時間。調理する時間。

野菜や果物、穀物も同様です。

たった一食、食べ終わるのに一時間もかからないであろうこの食事の時間に、計り知れないほどの、その一食に携わった人達の時間が詰まっています。

その時間は、命です。命がある時間で、食を作っています。

私達は、数え切れないほどの沢山の命を、たった一食で頂いています。

それを知り、理解する事で毎日の食事はとても感謝をしたくなるものになります。

心を込めて

毎日当たり前にあると思っているものがたくさんあります。例えば、スーパーやパック詰めのお肉や魚、飲食店や、家族やお母さんが作る食事。

しかし、あまりにも毎日続くので、いつか命の終わりが来たときに、もう二度と食べられなくなるという事を忘れてしまいます。

私達の命は有限です。頂く動物たちと同じように、いつか終わりが来ます。この一食がもしかしたら最後かもしれない、と思いながら毎日の食事をとる人は多くありません。

なので、毎食がつい適当になったり、頂きますを言わなかったり、感謝を忘れてしまったりします。

しかし、その一食は紛れもない沢山の命の塊です。毎日の食事に感謝しましょう。命を頂いているという事、その食事を作る人の命である時間を頂いているという事に感謝しましょう。

「いただきます」「ごちそうさまでした。」という一言に、沢山の感謝を込めて伝えていきましょう。

食育を通して、それらを知り、毎日の食事が感謝であふれ豊かなものになる事を願います。

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More