日本生活環境支援協会評判口コミ

約 1 分
日本生活環境支援協会評判口コミ

日本生活環境支援協会で取れる資格とは?

生活における技術の一定以上を認定する資格が取れ、その分野は多岐に及びます。具体的には、住まいに関する家事の延長のような分野のもの

  • ベランダ菜園アドバイザー認定試験
  • ガーデニングアドバイザー認定試験
  • 住まいアドバイザー認定試験
  • 収納マイスター認定試験
  • ハウスクリーニングアドバイザー認定試験

建築に関する分野で、

  • 住生活材料品質鑑定士認定試験
  • 土地建物アドバイザー認定試験
  • 環境生活指導士認定試験
  • ライフ環境アドバイザー認定試験

手芸に関する分野では

  • 羊毛フェルトアドバイザー認定試験
  • 手芸アドバイザー認定試験

その他として

  • 健康ウォーキングアドバイザー認定試験
  • ビジネスマネージメント認定試験があります。

それぞれに知識が問われることは当然ですが、技術を身につけ、それを人にアドバイスできると認められた方に認定される資格です。

例えば<ベランダ菜園アドバイザー認定試験>は、ベランダ菜園での植物、野菜の基本的な育て方に熟知した人である必要があります。自宅でそれを生かすこともできますし、ホームセンター他、種や苗を販売する様々な店舗でアドバイザーとして仕事に生かすこともできるでしょう。

<住まいアドバイザー認定試験>は、不動産や建物に関する営業や商品の提案を行っている仕事をしている方に人気の資格のようです。類似の資格として<土地建物アドバイザー認定試験>というものがあります。これは不動産にまつわる問題を解決するアドバイザーに与えられる資格で、空き家や相続、土地や建物の有効活用などをアドバイスできる知識を持っている方は必見です。これからの社会のあり方を想像し、推し進めることのできる人は、その知識、資格を生かして自宅やカルチャースクールで講師活動ができます。

そんな大事な住まいの中を整える<ハウスクリーニングアドバイザー認定試験>はいかがですか?ハウスクリーニングのプロとして、道具の扱い方、汚れの状態、材質による道具の使い分け、掃除方法などの知識が問われます。主婦としても知っていると自分の家がきれいになっていくでしょうし、この資格もカルチャースクールなどで講師として仕事に結びつけることもできます。

別名エコ検定とも言われる<環境生活指導士認定試験>は、21世紀を担う企業には引っ張りだこかもしれません。「エコ、エコ」と叫ばれるほど環境問題は家庭にも企業にも関心の高いところでありますが、いかに環境問題と向き合っていくか、環境と経済を両立させた社会を形成させるかを、アドバイスできる知識を試されます。

手先が器用な方、手芸好きな方は、<羊毛フェルトアドバイザー認定試験>や<手芸アドバイザー認定試験>も要チェックですね。羊毛フェルトの方は、ニードルフェルトの政策知識、レシピを習得し、人に適切にアドバイスができるレベルの方。手芸全般でしたら、クラフトに関する用語の知識、技術を理解していることが求められます。手作りの物を持つ楽しみ、作る楽しみを知っている方が、自分で作るのみならず人にアドバイスができ、その楽しみを拡散していく喜びも得られるでしょう。またその知識、技術を生かして講師活動もできます。

また<ライフ環境アドバイザー認定試験>は高齢化社会において、高齢者や障害のある方に、住宅のリフォーム提案だけではなく、自治体の行っている施策の紹介をしたり、福祉用具の紹介をしたりと、幅広い知識が問われ、また橋渡しをしてくれる人材が求められます。様々な施設でのアドバイザーとして、また介護に悩む方に講師として、活動いただけるものと思い、その需要はこれからますます高まることでしょう。

いずれの資格認定試験も、インターネットの日本生活環境支援協会のページから申し込みができ、自宅で受験して回答用紙を郵送する形です。お勤めしながらも、家事の隙間時間にも受験でき、資格を得られるものと確信します。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More