日本デザインプランナー協会評判口コミ

約 1 分
日本デザインプランナー協会評判口コミ

日本デザインプランナー協会で取れる資格は?

その名の通り、デザインに関する資格を多数与えている協会です。商品があればそこにデザインが存在するわけで、そこには手先の器用さ以上にセンスも問われ、また売上に直結するマーケティング知識にも長けていなければいけません。そんな資格を持っている人がいたら、企業には引く手数多に引っ張りだこではないでしょうか?

どんな商品?持ち歩いて人に作品を見せられるものなら

商品と一口にいっても色々です。作品として持ち運べ、人に見せられる商品ということで、

<クラフトハンドメイドマイスター認定試験>はハンドメイドのクラフトについての知識を問われます。糸の扱い方、布の染め方についての知識が要求されます。クラフト作品で何を作るか、何を表現するかはセンスであり、想像力であり、自己満足で終わらず、人を感動させる作品を作れるかによって、収入にも結びつく資格です。

同じように、

<キャンドルデザインマスター認定試験>

<スウィーツデコデザイナー認定試験>

<クリスタルデコデザイナー認定試験>

<フラワーアレンジメントデザイナー認定試験>

<鉛筆デッサンマスター認定試験>

<ネイルアートデザイナー認定試験>

<ビーズアクセサリーデザイナー認定試験>

があります。これらは同時に、開業することもできますし、講師として人に教えることもできるでしょう。

出向いていかないと見せられない大型作品なら

商品と言っても、作品として実物を持ち運べない、家や店舗のデザイン関係もあります。

<空間ディスプレイデザイナー認定試験>は、1級と2級があり、どちらも陳列の知識・技術、色彩や照明の演出などの知識が問われます。似ている<インテリアコーディネーター>は、既製品の中からセレクトし、照明、家具、什器、カーテンなどを総合的にコーディネートする人で、主に一般住宅やモデルルームの仕事が多いのに対し、<空間ディスプレイデザイナー>は、ショップや美術館のディスプレイや室内屋外のイベントブースなども仕事エリアとなってきます。装飾品や家具なども自分で作ることも頻繁にあるそうで、設計やプロダクトの知識もなければならない、幅広いやりがいのある仕事と言えます。

似たような資格に、

<インテリアデザイナー認定試験>

<インテリアアドバイザー認定試験>

<エクステリアアドバイザー認定試験>

<カラーアドバイザー認定試験>があります。

建築関係でそれらを統合し、第3者に対するプレゼンテーションとして使用する「建築模型」に興味があれば、<実践建築模型認定試験>はいかがですか?平面的な図面を立体的にイメージして模型として起こせる人材は、企業の分野を問わず求められています。この模型試験は筆記試験となっています。

建築にかかわらず、CADは機械・設備・電気・土木にも及び、作図能力が問われる<CADデザインマスター認定試験>は、人気の資格です。自宅で外注として仕事を請け負える他、スクールでのインストラクターとしても活躍できる資格です。

売上/販売に貢献するWEBやPOPも

WEB関係は企業の販売/売り上げを左右するマーケティングに絡み、企業はより客観的に技術が保証されている有資格者を選ぶことでしょう。

<ホームページWEBデザイナー認定試験>

<SEOマーケティングアドバイザー認定試験>

の他、WEBではないけれど同じように売り上げに貢献する

<POPデザイナー認定試験>も企業はより良い人材を求めてやまないでしょう。

センスが問われるといえばファッション業界も

最後になりましたが、ファッション関係に興味がある方は、

<ファッションデザイナー認定試験>にチャレンジしてみてください。

競争激しいアパレル業界で、客観的に技術、センス、知識が保証されている資格という点が人気の点だと思います。特定なブランドに固定せず、各ブランドのコンセプト、流れを把握し、新しいデザインを打ち立てる、そして自分のデザインした服、靴、バッグなどが目に見える形で残っていくことは、大変やりがいのある仕事だと思います。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More