子供の牛乳嫌い 幼児期から牛乳を飲む習慣をつけよう

約 1 分
子供の牛乳嫌い 幼児期から牛乳を飲む習慣をつけよう

・牛乳の特徴

牛乳にはカルシウムが豊富に含まれていますが、他のカルシウム含有量が豊富な食材などと比べても群を抜いて含有量が高くなっています。さらに牛乳の中のカルシウムは吸収を助ける働きがあるリンと結合した形で存在しているので、より一層吸収率が高まります。そして牛乳にはカルシウムだけではなく、他にもたんぱく質,脂質,炭水化物,ミネラル,ビタミンなどがバランスよく含まれていて、幼児期の成長にとても大切な役割りを担っていることから完全栄養食品といわれています。さらに牛乳には免疫力を高めてくれる効果から、病気になりにくい体づくりにも繋がるとされています。

こんな栄養素の宝庫である牛乳を、成長が著しい幼児期の子供たちには是非とも飲む習慣をつけてもらいたいですね。

・牛乳嫌いの理由

よく子供から、牛乳嫌い!飲みたくない!という声を耳にしますが、その理由はどのようなことなのでしょうか。多く聞かれる理由を挙げてみたいと思います。

○匂いや味が嫌い このような答えの子供が最も多いと思います。確かに牛乳だけで飲むと、慣れるまでは独特の匂いが鼻につき味もなかなか馴染めないということがあります。牛乳のみで飲む前に、様々なものとミックスすることで慣れていくという飲み方が良いのではないでしょうか。後程、オススメの飲み方を紹介したいと思います。

○お腹が痛くなる/お腹を壊す 牛乳を飲むことによって、お腹を壊してしまったり痛くなってしまうのは、もしかしたら乳糖不耐症かもしれません。これは、牛乳に含まれている乳糖をきちんと分解できないことから乳酸や炭酸ガスがお腹にたまることから起きてしまいます。

○ごはんと合わない 確かに、牛乳はどちらかというとごはんよりパンとの相性が良いように感じます。しかしながら、幼稚園や小学校の給食ではメニューに関係なく牛乳が出てくるのです。まずはパンと一緒に飲むことから始めて、就学前に慣らしたおきたいものですね。

○理由なし 意外にも、特に理由はないけれどなんとなく嫌いという声がとても多いようです。これは、とにかく場数を踏ませるというか、慣らすことしかないと言えます。親も一緒になって牛乳を飲む習慣をつけていきましょう。

・オススメの牛乳アレンジ法

牛乳のアレンジ法は無限大です。いくつか紹介していきますので、参考にして下さい。

○ココア牛乳 ココアパウダーを加えて電子レンジで少し加熱します。冷たいのが苦手という子供にはオススメです。ココアの他に、ミロなども良いかと思います。

○ヤクルト牛乳 ヤクルトが好きな子供は多いと思います。まずはヤクルトと割って飲むことから初めて、慣れさせましょう。ヤクルトの他に、カルピスなどもオススメです。

○シチュー/スープ 牛乳を使ったシチューやスープに、子供が好きな具材(ベーコン,コーン,じゃがいもなど)を入れてみましょう。自然と気が付かないうちに、牛乳に馴染めるハズです。

○牛乳プリン/牛乳寒天 デザートにすることで、子供は手のひらを返したように食べるようになることがあります。好きなフルーツも一緒に入れて作ってあげれば、牛乳が大好きになるかもしれません。

・まとめ

様々な切り口から牛乳の味に慣れさせていき、完全栄養食品である牛乳のパワーを借りて子供の健康な体づくりを応援しましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
食育基本法
近年、「食育」という言葉が様々なメディアで取り上げられるようになりました。 食育とは、様々な経験を通じて「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する人間を育てる事です。 「食」で「育む」と書いて食育。食育により、体と心を育みます。 &...
三大栄養素でバランスが整う食育
目次栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分三大栄養素とは何か炭水化物タンパク質脂質三大栄養素を上手に取り込もう 栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分 私たちは食事により呼吸、体温の保持、体を動かすなどの生命維持を行います。子供はさらに...
More