子供の野菜嫌い 幼児期に食べやすい野菜メニュー

約 1 分

・はじめに

野菜が嫌い,食べられないという子供は、多くいると思います。理由は様々で、苦い,おいしくない,匂いが嫌だなどなど。その子によって嫌いな野菜は様々だと思いますが、野菜類の摂取量が少ないと、ビタミンやミネラルが不足してしまい、様々な支障をきたしてしまうことになりかねません。後ほど、どのような支障が出てきてしまうか、詳しくまとめたいと思います。

・嫌われやすい野菜

野菜の好みは子供によって様々ですが、特に嫌われやすい野菜は以下のようになります。

○ピーマン 味が苦い,渋みを感じる,緑色が嫌だなど。

○トマト 皮が口の中に残る,噛んだ瞬間に汁が出てくるのが嫌だなど。

○しいたけ グニャッとした食感が嫌だ,味がはっきりしないなど。

○たまねぎ 生のままだと辛い,加熱した後の食感が嫌だなど。

○なす 見た目が嫌だ,グニャッとした食感が苦手など。

○ブロッコリー 根と葉の食感の違いが嫌だ,緑色が苦手など。

子供により、それぞれの理由は様々です。

・野菜嫌いによる悪影響

上記に記したように、日々の野菜不足はビタミンやミネラルの不足に繋がります。ビタミン,ミネラルとは、体の機能の維持や調節を行うために必要不可欠な栄養素です。これらが不足してしまうと、身長が伸びにくい,体重が増加しにくい,脳や神経への影響,便秘,貧血といった支障をきたすことになります。さらに近年では、子供の便秘や貧血が増加している傾向があるので、注意が必要になります。

・毎日の食事に一工夫

子供の野菜嫌いの改善はなかなか難しいですが、いくつかオススメしたい方法を紹介していきます。

○生食より加熱食がオススメ 加熱することによって、それぞれの野菜の苦み,辛み,香り,食感などは改善されるものが多くあります。なによりも、加熱することでカサが減りより多くの量を摂取しやすくなります。

○苦手な野菜はみじん切り 見た目で苦手意識が働いてしまう野菜には、特に有効な手段です。出来るだけ細かくみじん切りにして、肉,魚,卵,豆腐などと混ぜ合わせてしまいましょう。

○味を変えてしまう 味が苦手な食材は、調味料の力を借りて好みの味に仕上げましょう。醤油,味噌,砂糖,マヨネーズ,ケチャップ,ドレッシングなど子供の好きな物を使って下さい。

○食感を変えてしまう 食感が苦手な食材は、スープ,味噌汁,シチューなどにすることで、ある程度の改善が期待できます。

・一工夫メニュー

上記に記した嫌われやすい野菜を使った一工夫メニューを紹介していきます。

○野菜ハンバーグ ピーマン,しいたけ,たまねぎなどをみじん切りにして挽き肉と混ぜ合わせて、子供に人気のハンバーグを作ります。好みによっては煮込みハンバーグにすることで、さらに食べやすくなります。

○グラタン なす,ブロッコリーなどを加えたグラタンです。ホワイトソースが好きな子供にはオススメの一品になります。他に、ベーコンやじゃがいもなどの子供が好きな食材もプラスすると良いでしょう。

○ポトフ 野菜たっぷりでコンソメなどで味付けをした、お手軽スープです。他に、子供が好きなウインナーなどを加えるとより一層食が進むようになります。

・まとめ

それぞれの子供に合った苦手野菜の食べ方を見つけてあげて下さいね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More