トマトが嫌いな子供のために 幼児期のトマト嫌いの克服方法!

約 1 分

・トマトの栄養価

リコピンを筆頭にβ-カロテン,ビタミンC,ミネラルの含有量が高い食材です。それぞれの働きは以下の通りです。

○リコピン,β-カロテン カロテノイド系のファイトケミカルで、病気などの原因になる活性酸素を取り除く効果があります。中でもリコピンはとても優秀な栄養価で、β-カロテンに比べて約2倍の効果が期待されています。またリコピンは熱に強く、加熱調理に使っても栄養価が落ちにくいという優れた特徴があります。

○ビタミンC 細胞の成長や免疫力を強くしてくれる働きがあります。また体の中でウイルスや病原菌と戦うことで白血球の機能を高めてくれるので、風邪をひきにくい体作りに繋がります。さらに、体の中に毒素が入った際に、それを追い出してくれるという有難い働きも持っています。

○ミネラル 体の構成成分であり、健康維持や子供の成長には欠かすことのできない栄養素です。

このように、とても栄養価に恵まれているトマトですが、トマト嫌いの子供は多いのが現状です。旬は夏期ですが、スーパーなどの一般市場には通年で出回っていて、価格もお求めやすくなっています。調理法もとても多くあり、見た目も鮮やかなので、食卓への登場も頻繁にあることでしょう。子供のトマト嫌いを克服したいという親も多いハズです。そんなママさんに向けて、後ほどオススメのレシピを紹介します。

・トマトの調理法

トマトには多くの調理法があり、それにより味や見た目も大きく変わってきます。調理法によってはトマトが食べられるという子供も多いのではないかと思います。そのままのトマトはちょっと苦手という子供にも挑戦してみてもらいたい、いくつかの調理法を挙げていきたいと思います。

○みじん切り/角切り トマトのみで食べるのではなく、他の物と和えやすくなります。お好みの調味料(ドレッシング,マヨネーズなど)をプラスするのも良いかと思います。

○ミキサーにかける みじん切りよりさらに細かくなり、トマト本来の食感がほぼゼロになります。

○湯剥きする トマトの皮が口の中に残る感じが苦手という子供は、多いかと思います。そんな悩みは、湯剥きで皮を取り除いて調理することで解決します。

○加熱する 焼く,煮る,炒めることで、苦手だったトマトが食べられるようになったという子供は多いと思います。油,バター,だし汁などをプラスすることで、バリエーションが広がります。

・トマト嫌い克服レシピ

上記の調理法をもとに、トマト嫌い克服に繋がるレシピをいくつか紹介していきます。

○トマトスープ 湯剥きしたトマトを角切りにして、スープに加えます。コンソメ味に仕上げたり、他に子供が好きな食材(ウインナー,ベーコン,じゃがいも,コーンなど)を一緒に調理することで食べやすくなります。

○トマトスクランブルエッグ 卵と一緒にバターを使って調理することで、トマト本来の酸味が緩和されてマイルドな味になるので、食べやすくなります。

○トマトグラタン ホワイトソースやミートソースを使い、チーズやマッシュポテトなどと一緒に焼くことで、トマトの味が主張されにくくなるので食べられる子供も増えるのではないかと思います。

・まとめ

トマト嫌いを克服し、栄養価を存分に利用することで、子供の健康な体作りに役立てていきたいですね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More