噛まずに食べると虫歯になりやすい。子供の唾液で虫歯予防を!

約 1 分
噛まずに食べると虫歯になりやすい。子供の唾液で虫歯予防を!

・子供が噛まずに食べてしまう理由

基本的に食が細くあまり食べない子供ももちろん心配ですが、それ以上に噛まないで早食いをしてしまう子供にも大きな問題が出てきます。では、なぜ噛まないで食べてしまうのでしょうか?その理由は簡単でとても単純なことです。なぜなら、噛む必要がない食事が提供されているからなのです。子供はとても素直なので、食べていて噛む必要がないと判断したら何の疑問も抱かずに飲み込んでしまい、結果的に早食いに繋がってしまうということになります。そのような「噛む必要がない食事」を提供してしまっているのは、給食や市販の幼児食,そして親達なのです。喉に詰まったら大変,なるべく食べやすいようにしてあげよう,などの親に優しい心遣いが原因になってしまうのです。噛まずに食べることが習慣になってしまうと引き起こす「虫歯」について、これから考えていきたいと思います。

・唾液のパワーとは?

食事をしていない時の口の中の状態は、中性になっています。しかし食事をすることで残った食べカスなどから歯垢が作られてしまいます。この歯垢の中に潜んでいる虫歯菌から酸が発生されてしまうことで、口の中は酸性に変わってしまうのです。口の中が酸性の状態に置かれている状況が虫歯の原因に繋がってしまう危険性があります。これを再び中性の状態に引き戻してくれるのが、他でもない唾液の働きによるものなのです。唾液の中のカルシウムが溶かされてしまった歯に再び沈着して修復することで、元通りの歯に戻してくれるのです。これを、歯の再石灰化といいます。

歯の再石灰化に必要不可欠な唾液をたくさん産出させるためにはどうしたら良いのでしょうか?その答えは、良く噛んで食べるということです。噛む回数が増えると、自然と唾液の出る量が増えてくるのです。このような唾液のパワーを存分に利用して、虫歯予防に繋げていきたいですね。

・虫歯予防に繋がる食材

噛まずに食べる習慣が身についてしまうと、その後に直していくことが大変なので、幼児期のうちからよく噛んで食べるという習慣を身に着けていきたいと思います。

自然に噛む回数が増えやすいオススメ食材には、じゃがいも,里芋,さつまいも,にんじん,大根,りんご,れんこん,ごぼう,こんにゃく,きのこ類などがあります。

・虫歯予防に繋がるメニュー

○筑前煮 さつまいも,にんじん,れんこん,ごぼうなどの多くの根菜類が入っていて、とても噛みごたえがあるメニューです。一緒に調理する鶏肉も合わせて、幼児が噛みきれる範囲で全体的に少し大きめにカットすると良いでしょう。様々な食材を合わせることで、それぞれの食感を楽しみながら自然とよく噛めるようになります。栄養価も高いメニューなのでオススメです。

○りんごヨーグルト りんごをすり下ろすのではなく、コロコロサイズに切ります。りんごの食感を楽しみながら、美味しくヨーグルトが食べられます。もちろん、他の果物なども加えて大丈夫です。梨やキウイなども良いかと思います。

・まとめ

幼児期からよく噛んで食べることを習慣化させて、虫歯予防に繋げていきましょう。早食い予防にも有効ですので、毎日のメニューへの一工夫を心がけていきたいですね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More