幼児期のおやつは大切な栄養源!子供にオススメのおやつとは?

約 1 分
幼児期のおやつは大切な栄養源!子供にオススメのおやつとは?

・幼児期のおやつの重要性

単純におやつと聞くと、あまり良いイメージが持てない方も多くいるかと思いますが、幼児期のおやつというのはとても大切な栄養源なのです。幼児は大人に比べて当たり前ですが胃袋が小さいので、一度に多くの量を摂取することができないのです。そのため、3食の食事とおやつを合わせて、1日に必要なエネルギー量を摂取していくことになります。もちろん個人差という言葉があるように、それぞれにおいて食べる量や活動量なども異なってきます。そこは1人1人に合った摂取量を親が見極める必要がありますが、幼児期に必要なエネルギー量は3食+おやつで補っていくと考えると良いかと思います。おやつ=軽食というイメージが一番しっくりくるのではないでしょうか。ただ、1日を通じてダラダラ食べてしまうことは、決してオススメできません。どれくらい食べているか分からなくなってしまう上に、なによりダラダラ食べは虫歯の原因になってしまいます。3食の食事の時間がだいたい決まっているのと同じように、おやつの時間も決めるようにしましょう。一般的には、昼食と夕食の間の午後3時頃が良いでしょう。

・オススメのおやつ(市販品)

○「1才からの~」シリーズ 幼児食に移行したばかりの子供には、この「1才からの~」シリーズがオススメです。見た目は大人が食べている物と同じですが、しっかりと塩分などは控えめに作られています。上に兄弟姉妹がいる子は、お兄ちゃん,お姉ちゃんと同じ物を食べたがったりしますよね。そのような時には、特にオススメです。見た目が同じなので、同じ物を食べているように感じることができます。個袋で分けられているのも、食べ過ぎ防止になるのでオススメポイントです。

○「アンパンマンのおせんべい,クッキー」シリーズ みんなが大好きなアンパンマンシリーズです。こちらも塩分や糖分などが控えめになっていて、個袋に分かれているのがオススメポイントです。なにより、アンパンマンというので喜ぶ子供が多くいます。「アンパンマン1つでごちそうさまだよ~」などと声掛けもしやすいですよね。子供がぐずった時などにも是非ご活用下さい。

・オススメのおやつ(手作り)

○牛乳プリン 栄養価が高い牛乳を使ったメニューです。混ぜ合わせて冷蔵庫で固めるだけなので、昼食の準備の時などに一緒に作るとおやつの時間にはきちんと固まっていますよ。

○果物ゼリー こちらも混ぜ合わせて、冷蔵庫で固めるだけです。季節に合った果物を使うと安価で栄養価も高くなります。何種類かの果物を合わせてあげると色味も綺麗で、子供も喜びます。

○蒸しパン ホットケーキミックスを使うと、とても時短でお手軽に作ることができます。さつまいも,にんじん,かぼちゃ,チーズなどを加えると栄養価がさらにアップします。

○お焼き 朝食や昼食で余ったごはんを使って、簡単に作れます。鰹節や青のりなどを加えると味や風味が良くなり、食が進みますよ。

・まとめ

時間に余裕がある時は是非とも手作りで、忙しい時は市販のおやつを上手く使用して、子供の成長を見守りたいですね。3食の準備だけでもとても大変なことなので、頑張りすぎないことが長続きのポイントです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More