幼児期のおやつは大切な栄養源!子供にオススメのおやつとは?

約 1 分
幼児期のおやつは大切な栄養源!子供にオススメのおやつとは?

・幼児期のおやつの重要性

単純におやつと聞くと、あまり良いイメージが持てない方も多くいるかと思いますが、幼児期のおやつというのはとても大切な栄養源なのです。幼児は大人に比べて当たり前ですが胃袋が小さいので、一度に多くの量を摂取することができないのです。そのため、3食の食事とおやつを合わせて、1日に必要なエネルギー量を摂取していくことになります。もちろん個人差という言葉があるように、それぞれにおいて食べる量や活動量なども異なってきます。そこは1人1人に合った摂取量を親が見極める必要がありますが、幼児期に必要なエネルギー量は3食+おやつで補っていくと考えると良いかと思います。おやつ=軽食というイメージが一番しっくりくるのではないでしょうか。ただ、1日を通じてダラダラ食べてしまうことは、決してオススメできません。どれくらい食べているか分からなくなってしまう上に、なによりダラダラ食べは虫歯の原因になってしまいます。3食の食事の時間がだいたい決まっているのと同じように、おやつの時間も決めるようにしましょう。一般的には、昼食と夕食の間の午後3時頃が良いでしょう。

・オススメのおやつ(市販品)

○「1才からの~」シリーズ 幼児食に移行したばかりの子供には、この「1才からの~」シリーズがオススメです。見た目は大人が食べている物と同じですが、しっかりと塩分などは控えめに作られています。上に兄弟姉妹がいる子は、お兄ちゃん,お姉ちゃんと同じ物を食べたがったりしますよね。そのような時には、特にオススメです。見た目が同じなので、同じ物を食べているように感じることができます。個袋で分けられているのも、食べ過ぎ防止になるのでオススメポイントです。

○「アンパンマンのおせんべい,クッキー」シリーズ みんなが大好きなアンパンマンシリーズです。こちらも塩分や糖分などが控えめになっていて、個袋に分かれているのがオススメポイントです。なにより、アンパンマンというので喜ぶ子供が多くいます。「アンパンマン1つでごちそうさまだよ~」などと声掛けもしやすいですよね。子供がぐずった時などにも是非ご活用下さい。

・オススメのおやつ(手作り)

○牛乳プリン 栄養価が高い牛乳を使ったメニューです。混ぜ合わせて冷蔵庫で固めるだけなので、昼食の準備の時などに一緒に作るとおやつの時間にはきちんと固まっていますよ。

○果物ゼリー こちらも混ぜ合わせて、冷蔵庫で固めるだけです。季節に合った果物を使うと安価で栄養価も高くなります。何種類かの果物を合わせてあげると色味も綺麗で、子供も喜びます。

○蒸しパン ホットケーキミックスを使うと、とても時短でお手軽に作ることができます。さつまいも,にんじん,かぼちゃ,チーズなどを加えると栄養価がさらにアップします。

○お焼き 朝食や昼食で余ったごはんを使って、簡単に作れます。鰹節や青のりなどを加えると味や風味が良くなり、食が進みますよ。

・まとめ

時間に余裕がある時は是非とも手作りで、忙しい時は市販のおやつを上手く使用して、子供の成長を見守りたいですね。3食の準備だけでもとても大変なことなので、頑張りすぎないことが長続きのポイントです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More