幼児期の濃い味付けには要注意!子供の食事は薄味がオススメ!

約 1 分
幼児期の濃い味付けには要注意!子供の食事は薄味がオススメ!

・濃い味付けには要注意

幼児期は、離乳食を終えて少しずつ周りの大人と同じ物を食べる子供が増えてくる時期です。この時期の味付けは、とても重要です。子供の味覚は3歳までに育つと言われています。それまでに濃い味付けを知り,慣れて,好むようになってしまうと、その先の食生活に不安なことが出てきてしまいます。それは、濃い味の物しか美味しいと感じなくなってしまうということです。味覚の慣れというのはとても重要であり、一度濃い味に慣れてしまうと、薄味に戻すのにはとても苦労が必要になります。また、調味料をプラスしないと美味しいと感じなくなってしまうと、食材本来の旨味や甘みなどでは満足がいかなくなってしまうのです。将来的なことも考えると、幼児期の味付けはとても重要になるのです。

では、濃い味付けに慣れてしまう原因にはどのようなものがあるでしょうか?いくつか挙げていきたいと思います。

○家族が濃い味を好む これが一番の要因になると思われます。大人と同じ物を食べるようになったり、食べたがるようになったりする時期なので、その分周りの大人が食べている物はとても重要になってきます。これを機に、家族みんなで健康づくりのために薄味にするというのも良いかと思います。

○外食が多い どうしても、外食メニューというのは濃い味付けのものが多くなってしまいます。たまに外食することはもちろん問題ありませんが、基本的には家庭での食事を大切にすることが望ましいでしょう。

○スナック菓子を好む これも、家庭環境が大きく影響することになります。周囲の大人がスナック菓子を多く食べていると、当然ですが子供も食べるようになってしまいます。子供の味覚と合わせて、大人も健康維持のために改善していけると良いですね。

・濃い味が体にもたらす影響

○味覚が鈍くなってしまう 味覚は、特に慣れや習慣に影響されやすい感覚器官です。濃い味に慣れてしまうと、食材本来の味が分からなくなってしまうとともに、薄味では美味しさを感じにくくなってしまうのです。

○肥満になりやすい 濃い味の物を食べていると、おのずとごはんやパンなどの炭水化物の食欲も旺盛になりがちです。炭水化物の摂り過ぎは、肥満の原因に繋がりやすくなります。

○生活習慣病になりやすい まだ子供だからと安心はしていられません。特に塩分の取り過ぎは高血圧の原因になりやすく、将来的に生活習慣病に繋がりやすくなってしまうのです。

・薄味に慣れるポイント

なるべく早い段階から、薄味の食べ物に慣れておく必要性があります。いくつかのポイントを紹介するので、参考にして下さいね。

○調味料は控えめに 味付けを調味料に頼るのではなく、出汁をしっかりと取ったり、旬の食材の旨味を上手に利用していきましょう。

○よく噛む習慣をつける よく噛んで食べることで、食欲抑制作用で肥満防止になったり、素材そのものの味を楽しめるようになります。

○温かいうちに食べる 料理が冷めてしまうと、どうしても味が落ちてしまい調味料をプラスしがちになります。温かいうちに食べることで、より一層旨味を味わえます。子供にも、温かいうちに食べるということを習慣づけられると良いですね。

・まとめ

子供の味覚はもちろんですが、周りの大人の味覚も見直すことで、家族みんなで健康志向を高めていきましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More