幼児期の濃い味付けには要注意!子供の食事は薄味がオススメ!

約 1 分
幼児期の濃い味付けには要注意!子供の食事は薄味がオススメ!

・濃い味付けには要注意

幼児期は、離乳食を終えて少しずつ周りの大人と同じ物を食べる子供が増えてくる時期です。この時期の味付けは、とても重要です。子供の味覚は3歳までに育つと言われています。それまでに濃い味付けを知り,慣れて,好むようになってしまうと、その先の食生活に不安なことが出てきてしまいます。それは、濃い味の物しか美味しいと感じなくなってしまうということです。味覚の慣れというのはとても重要であり、一度濃い味に慣れてしまうと、薄味に戻すのにはとても苦労が必要になります。また、調味料をプラスしないと美味しいと感じなくなってしまうと、食材本来の旨味や甘みなどでは満足がいかなくなってしまうのです。将来的なことも考えると、幼児期の味付けはとても重要になるのです。

では、濃い味付けに慣れてしまう原因にはどのようなものがあるでしょうか?いくつか挙げていきたいと思います。

○家族が濃い味を好む これが一番の要因になると思われます。大人と同じ物を食べるようになったり、食べたがるようになったりする時期なので、その分周りの大人が食べている物はとても重要になってきます。これを機に、家族みんなで健康づくりのために薄味にするというのも良いかと思います。

○外食が多い どうしても、外食メニューというのは濃い味付けのものが多くなってしまいます。たまに外食することはもちろん問題ありませんが、基本的には家庭での食事を大切にすることが望ましいでしょう。

○スナック菓子を好む これも、家庭環境が大きく影響することになります。周囲の大人がスナック菓子を多く食べていると、当然ですが子供も食べるようになってしまいます。子供の味覚と合わせて、大人も健康維持のために改善していけると良いですね。

・濃い味が体にもたらす影響

○味覚が鈍くなってしまう 味覚は、特に慣れや習慣に影響されやすい感覚器官です。濃い味に慣れてしまうと、食材本来の味が分からなくなってしまうとともに、薄味では美味しさを感じにくくなってしまうのです。

○肥満になりやすい 濃い味の物を食べていると、おのずとごはんやパンなどの炭水化物の食欲も旺盛になりがちです。炭水化物の摂り過ぎは、肥満の原因に繋がりやすくなります。

○生活習慣病になりやすい まだ子供だからと安心はしていられません。特に塩分の取り過ぎは高血圧の原因になりやすく、将来的に生活習慣病に繋がりやすくなってしまうのです。

・薄味に慣れるポイント

なるべく早い段階から、薄味の食べ物に慣れておく必要性があります。いくつかのポイントを紹介するので、参考にして下さいね。

○調味料は控えめに 味付けを調味料に頼るのではなく、出汁をしっかりと取ったり、旬の食材の旨味を上手に利用していきましょう。

○よく噛む習慣をつける よく噛んで食べることで、食欲抑制作用で肥満防止になったり、素材そのものの味を楽しめるようになります。

○温かいうちに食べる 料理が冷めてしまうと、どうしても味が落ちてしまい調味料をプラスしがちになります。温かいうちに食べることで、より一層旨味を味わえます。子供にも、温かいうちに食べるということを習慣づけられると良いですね。

・まとめ

子供の味覚はもちろんですが、周りの大人の味覚も見直すことで、家族みんなで健康志向を高めていきましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More