小食の子供を持つママ必見!きっと食べてくれる方法とは!?

約 1 分
小食の子供を持つママ必見!きっと食べてくれる方法とは!?

・幼児期の小食

離乳食を終えて幼児期の食事に移行する時期になると、おのずと本人の意思や好みが出てくる時期になります。好き嫌いのみならずイヤイヤ時期なども重なったりで、本人も親も何が何だか分からなくなってしまうことを多々出てきてしまうこともあります。親は様々なことをもどかしいと感じたりイライラしてしまう反面、やはり小食の子供の健康状態や成長などが気になるものです。周りの子はきちんと食べているのに,好き嫌いなく何でも食べているのになどと、お友達と比較したくなってしまうこともしばしばあることでしょう。しかし、周囲と比較していても何も始まらず解決には至りません。子供と同世代の子を参考にするのは良いと思います。しかし、比較するのはやめましょう。親にとっても子供にとっても見えないストレスに繋がってしまいます。小食も個性!それくらいの大らかな気持ちで受け止めましょう。そうすれば、きっと気持ちに余裕が出てくるハズですよ。

・きっと食べてくれる方法

小食の子供が少しでも食に関心を持ち、少しでも多くの量を食べてくれたら良いなという願いを込めて、いくつかの方法を紹介しますので、参考にして下さいね。

○親も同じ物を一緒に食べる 親が美味しそうに食べていると、自然と子供も食べたくなるものです。「これ美味しいよ!」と勧めたり、「1個食べる?」と促してみたり、あと「半分個しようか!?」と問いかけてみたりすることも有効的です。

○メニューの中に好物を1品は入れる 好きな物が1品あるだけで、食欲が数倍にアップします。あまり好きではない物から食べるように促すのも、良い策戦です。好きな物を食べたい一心で、苦手な物も頑張れたりします。デザートに好きな果物を用意しておくのも良いかと思います。

○一緒に料理する 料理するというと幼児には少し難しく感じてしまうかもしれませんが、野菜を洗う,皮を剥く,ヘタを取る,混ぜ合わせるなどの簡単なことでも良いのです。子供はママのお手伝いが大好きです。その大好きを存分に利用し、食への関心を高めていきましょう。自分で作ったから食べたいと感じてくれたら、儲けものです。「~ちゃんが作ってくれたから美味しいな」などと声をかけることで、自分に自信がつくと共に、自分が作ったのだから食べてみようという思いに至ることもあります。

○好きな食器を選ばせる 「今日はどのお皿にする?」や「新しいフォークで食べる?」など、形から入ることも重要です。ちょっとしたキッカケを作ってあげることで、食べたいという気持ちが芽生えることもあります。

○お皿に盛る量を少なめにする 月齢から考えると少ないと思っても、いいんです。目的は子供の食への関心を高めることなので、まずは少しの量から頑張ってみましょう。食べられたら褒めてあげることにより、子供の完食への喜びが芽生えます。その後、少しずつ量を増やしていけたら嬉しいですね。

○お片付けのお手伝いを頼む 「食べ終わったら、お皿を持ってきてね」や「テーブル拭いてね」などを頼んでおくと、子供はそれを目指して一生懸命食べてくれたりします。少しの声掛けで、大きな変化が生まれたりするのです。

・まとめ

最初にも書きましたが、小食も個性です。上記を参考にして頂いて、様々なことを試しながら、子供に合った方法をみつけて下さいね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More