子供の好きな食べ物が欧米化!?幼児期から栄養たっぷりの食事をしよう

約 1 分

・食生活の欧米化

子供に好きな食べ物は何?と尋ねると、ハンバーグ,カレー,オムレツ,オムライス,ポテト,グラタン,スパゲッティー,から揚げ,ピザといった洋食が主になります。子供の食生活は、大人の食生活の鏡と言っても過言ではないくらいです。近年、食生活の欧米化が急速に進み、食卓に出てくるメニューは和食より洋食の方が多いという家庭も少なくないと思います。つまり、大人の食生活も欧米化している証拠になります。その大きな理由は、洋食の方が品数が少なくて済むということにあります。いわゆるワンプレートメニューが多くなるというわけです。ワンプレートメニューだと、どうしても一度に食べる食材が少なく偏りが出やすくなってしまいます。特に子供には多くの食材をバランス良く食べてもらいたいという思いから、多くの食材を摂取しやすい洋食,子供も馴染みやすく食べやすい和食という切り口からオススメのメニューを紹介していきたいと思います。

・オススメのワンプレート洋食

食材,品数が少ないワンプレートメニューは栄養が偏りがちなので、それらを脱却できるようなメニューを紹介していきます。

○シーフードグラタン シーフードミックスとミックスベジタブルを合体させて作ると、お手軽で栄養価も高くなります。可能であれば、茹で野菜サラダなども付けたいですね。

○サンドイッチ+クラムチャウダー サンドイッチは野菜や肉などをまとめて挟むので、高い栄養価が期待できます。クラムチャウダーは冷蔵庫に残っている様々な野菜を使って下さいね。

○スパッゲティーナポリタン+オニオングラタンスープ 数あるスパゲッティーの中でナポリタンが最も多くの野菜類を摂取できると考えられます。オニオングラタンスープは玉ねぎの他にエリンギや舞茸をプラスして食物繊維の摂取量をアップさせましょう。

○挽き肉オムレツ+ラタトゥイユ 挽き肉と卵により、たんぱく質をはじめとして多くの栄養素を摂取できます。ラタトゥイユは夏野菜をふんだんに使って作って下さい。

○煮込みハンバーグ 通常のハンバーグでよいですが、煮込む時に一緒に玉ねぎ,エリンギ,舞茸などを加えることで栄養価がアップします。

・子供が馴染みやすい和食

和食離れを防止するために、子供が無理なく食べやすいメニューを紹介していきます。

○あんかけ豆腐 挽き肉ときのこ類であんかけを作り、豆腐にかけます。あんかけにすることで喉ごしがよくなり、子供が食べやすくなります。

○ひじきごはん(又はおにぎり) ひじきの煮物のままだと見た目で避けがちですが、ごはんと合わせることで食べやすくなります。

○和風ハンバーグ 洋食で馴染みがあるハンバーグを、和風に仕上げましょう。大葉や大根おろしをのせて、ポン酢でさっぱり食べるのがオススメです。お好みの和風ドレッシングをかけても美味しいですよ。

○和風スパゲッティー 大好きなスパゲッティーを和風に仕上げてしまいましょう。しらす+小松菜,きのこ類+つな缶,ほうれん草+ベーコン,なす+ベーコン,納豆など、バリエーションは無限大です。是非、子供の好みの食材を使って作って下さいね。

○味噌煮込みうどん 麺類が好きな子供にはオススメです。具材は冷蔵庫の余り物や、前日の味噌汁の余りで大丈夫です。体も温まるので、寒い日には特にオススメしたいメニューです。

・まとめ

日本古来の和食の味を大切にしつつ、洋食を食べる際は食材を多く食べられるように考えながら、バランスの良い食習慣をつけていきたいですね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More