バランス良く食べよう 幼児期の三角食べにオススメのメニュー

約 1 分
バランス良く食べよう 幼児期の三角食べにオススメのメニュー

・三角食べとは

もともとは、日本ならではの古くからある教育の1つになります。ごはん,おかず,味噌汁などを一種類ずつ食べるのではなく、交互に少しずつ食べましょうというものです。では、なぜ日本だけなのでしょうか!?その理由は簡単です。大人になり洋食などをコースで頂く場合は、一種類ずつテーブルに運ばれてくるからです。高級レストランや結婚式の場などは、まさにそうだと思います。しかし幼児期のうちは、和食や洋食を問わずに三角食べをする習慣づけをしておくとよいでしょう。幼児期は頭がとても柔軟なので、新しいことをさせてみたり,何かの習慣づけをすることには最適な時期になります。この時期に習慣づけたことは、後々大きくなってからも必ず役に立ってくるはずなので、無理強いせずに楽しみながら教えていきたいですね。以下に三角食べにオススメのメニューを紹介していきますので、参考にして下さいね。

・三角食べにオススメのメニュー

○ごはん,鶏肉のピカタ,トマトとブロッコリーのサラダ,豆腐の味噌汁

ピカタには、スーパーフードと呼ばれている卵が使われているので、とても高い栄養価が期待できます。サラダには、トマトのリコピンとブロッコリーの葉酸がたっぷりです。さらにビタミンCなども含んでいます。豆腐の味噌汁は、他にわかめ,油揚げなどの子供が好きな食材を加えてあげて下さい。トマト=赤色,卵=黄色,ブロッコリー=緑色がとても綺麗で、三角食べが進むことでしょう。

○パン,グラタン,パプリカサラダ,コンソメスープ

グラタンは子供に人気がある上に、牛乳やバターの乳製品が豊富なのでカルシウムがたっぷり含まれています。具材もいろいろと入れてしまいましょう。じゃがいも,たまねぎ,ベーコン,ブロッコリーなどがオススメですよ。パプリカには赤黄緑色が揃っているのでミックスさせると見た目が鮮やかになり食が進みますよ。栄養価としては、β―カロテンとビタミンCが豊富に含まれています。スープはコンソメスープにしてあるので、子供が好きな味付けになっています。家の冷蔵庫に余っている食材を入れてしまいましょう。

○サンドイッチ,スクランブルエッグ,ポトフ

サンドイッチには、子供が好きな具材を挟んであげて下さいね。スクランブルエッグはバターの風味をきかせて、味付けは薄めでシンプルが良いです。綺麗な黄色が美味しそうですね。ポトフには、ウインナーやじゃがいもなどを入れることで子供が食べやすくなり、三角食べにもスムーズに入れてもらえることと思います。

○チャーハン,ポテト,枝豆,トマトスープ

チャーハンやポテトは子供にとっては不動の人気メニューですよね。トマトスープも加えて、三角食べを心がけてみて下さい。また枝豆は鮮やかな緑色の色合いだけでなく、糖質をエネルギーに変換してくれるビタミンB1や食物繊維が豊富な、とても栄養価が高い野菜です。冷凍食品としても市場に出回っているので、忙しい時などには上手に活用したいですね。

・まとめ

見た目の鮮やかさや好きな食材が入っていると子供の食への関心が増し、三角食べを取り入れるチャンスになります。三角食べを習慣づけることで、同時に良く噛みゆっくり食べるということも習慣化されます。是非、幼児期のうちに三角食べを習慣づけてあげて下さいね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More