子供の食事のしつけ 幼児期から身に着けておきたい食事のしつけ

約 1 分
子供の食事のしつけ 幼児期から身に着けておきたい食事のしつけ

・しつけとは

一言で「しつけ」と言っても、幼児期のしつけとはいったいどのようなものなのでしょうか?それは、周囲に迷惑をかけないように、親が大切なマナーや礼儀などを教えていくことになります。単に教えると言ってもそれは容易なことではなく、小さな子供にマナーや礼儀を教えるというのは、とても時間と手間がかかることなのです。なかなか一度では伝わらずに、身に付かないことが多いかと思います。親はそれにめげないようにしていき、根気よく繰り返し伝えていくことが大切になります。子供に一度では伝わらないのは当たり前!と思うようにしましょう。子供にとって大切なことは、うるさいと思われても言い続ける必要があります。一見、全く耳に入っていないように感じてしまうこともありますが、子供は必ず聞いています。一貫して同じことを教えていくことで、子供は少しずつですが重要性に気が付き、身に付いた末に習慣化されていくのです。幼児期に習慣化されたことは、一生の宝物です。必ず大きくなってから役立ってくることなので、親は諦めずに伝え続けましょう。

・食を通じてのしつけ

食事というのは、生きていく上で最も大切なことと言っても過言ではありません。1日3食の食事を、みんなで楽しく気持ちよく過ごすために必要なマナーや礼儀を紹介していきます。

○食事の前に、お片付けをしましょう。

遊んでいたおもちゃなどを片付けて、気持ちよく食事の時間を迎えましょう。

○キレイに手洗いをしてから、食事をしましょう。

手には目に見えないばい菌がいっぱいなので、手洗いを徹底しましょう。

○「いただきます」の挨拶をしっかりしましょう。

みんな揃って「いただきます」をすることで、遊びの時間と食事の時間の線引きをきちんと習慣づけましょう。

○手で食べずに、箸,フォーク,スプーンを使いましょう。

箸,フォーク,スプーンの使い方の上達は、練習あるのみです。

○食事中は、立ち上がったりウロウロしないようにしましょう。

床に座るよりも椅子を使った方が、これらのことを徹底しやすく習慣づけしやすくなります。

○三角食べができるように心がけましょう。

食事のバランスと栄養価を考えて、三角食べをオススメしたいと思います。

○箸,フォーク,スプーンで、お皿をカチカチしないようにしましょう。

カチカチしてしまっている子供,そしてそれを注意しない親を見かけることがあります。本人達はよくても周囲に不快な思いをさせてしまうこともあるので、子供にはきちんと良くないことだと伝えてあげましょう。

○ゆっくり食べましょう。

良く噛んでゆっくり食べることをオススメします。

○口の中に入れ過ぎないようにしましょう。

成長と共にスプーンのサイズが大きくなったりしますが、口への入れ過ぎは注意が必要です。

○口の中に食べ物が入っている時は、話さないようにしましょう。

ついつい子供はやりがちなことですが、良くないことだと教えていきましょう。

○お皿が空っぽになるように、キレイに食べきりましょう。

ごはんを作った人や、食材を作った人への感謝の気持ちを込めましょう。

○「ごちそうさまでした」の挨拶をしっかりしましょう。

きちんと挨拶することで食事の終わりを曖昧にせずに、食べ始めと同様に線引きをしっかりしましょう。

・まとめ

食を通じてのしつけというのは、数多くあります。今回は全体的なマナーや礼儀などを挙げてみました。次回からは、1つ1つに特化しながら細かく考えていきたいと思います。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More