子供の遊び食べ禁止!幼児期から食器で遊ばないことを身に着けよう

約 1 分
子供の遊び食べ禁止!幼児期から食器で遊ばないことを身に着けよう

・しつけとは

一言で「しつけ」と言っても、幼児期のしつけとはいったいどのようなものなのでしょうか?それは、周囲に迷惑をかけないように、そして不快な思いをさせないように、親が子供に対して大切なマナーや礼儀などを教えていくことになります。単に教えると言ってもそれは容易なことではなく、小さな子供にマナーや礼儀を教えるというのは、とても時間と手間がかかることなのです。なかなか一度では伝わらずに、身に付かないことが多いかと思います。親はそれにめげないようにしていき、根気よく繰り返し伝えていくことが大切になります。子供に一度では伝わらないのは当たり前!と思い、焦らずにイライラしないようにしましょう。子供にとって大切なことは、うるさいと思われても言い続ける必要があります。一見、全く耳に入っていないように感じてしまうこともありますが、子供は必ず何らかの形で聞いています。一貫して同じことを教えていくことで、子供は少しずつですが内容の重要性や必要性に気が付き、身に付いた末に習慣化されていくのです。幼児期に習慣化されたことは、一生の宝物になります。必ず大きくなってから役立ってくることなので、親は諦めずに伝え続けましょう。食事というのは、生きていく上で最も大切なことと言っても過言ではありません。1日3 食の食事を、みんなで楽しく気持ちよく過ごすために必要なマナーや礼儀を身につけていきたいですね。今回は、食事の時に食器類では遊ばせないというマナーと礼儀について考えていきたいと思います。

・食器では遊ばない

レストランなどの公共の場で、箸,フォーク,スプーンなどをカチカチ合わせたり、お皿などをカンカン叩いたりしている子供を見かけたことがあるかと思います。そして、それを注意しない親も見かけたことがあるかと思います。そのような時、周囲の人たちは少なからず不快な思いをしているはずです。このように周りに迷惑をかけないための、子供へのしつけの方法をいくつか紹介していきますので、参考にして下さいね。 ○箸,フォーク,スプーンは何のための物かをきちんと説明する これは何のために使うのかな?どうやって使う物かな?と子供に問いかけて、考えさせて下さい。その上で、使い方や周りへの配慮などをきちんと説明してあげることが大切です。これは、親の説明が理解できる月齢以降が対象になります。 ○食事が出てくるまで、食器には触らせない 上記のように考え,説明の理解がまだ難しい月齢の子供には、食事が出てくるまで食器には触らないということを徹底してしまいましょう。子供は習慣が大切なので、何でも最初が肝心です。習慣化してしまえば、親も外食時の不安や負担が減り、楽しめるはずです。 ○カチカチ,カンカンは、食器が悲しむと伝える レストランなどでは、子供用の食器はキャラクター物であったり、何らかの絵柄が入っている物が多いかと思います。それを上手く使用して、「カチカチ,カンカンしたら食器達が泣いちゃうよ~」と伝えましょう。逆に「約束を守って使えたら、食器達も嬉しいね」と伝えることも良いでしょう。

・まとめ

周囲に迷惑をかけないような、食事のマナーや礼儀などはとても大切なことです。幼児期からしっかりと身につけておくことで、その後の人生に影響してくると言っても過言ではないでしょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More