食事の注意点 幼児期から口の中に食べ物を入れすぎない

約 1 分
食事の注意点 幼児期から口の中に食べ物を入れすぎない

・しつけとは

一言で「しつけ」と言っても、幼児期のしつけとはいったいどのようなものなのでしょうか?それは周囲に迷惑をかけないように、親が子供に大切なマナーや礼儀などを教えながら、習慣づけをしていくことになります。単に教えると言ってもそれは容易なことではありません。小さな子供にマナーや礼儀を教えるというのは、とても時間と手間がかかることなのです。なかなか一度では伝わらずに、身に付かないことが多いかと思います。親はそれにめげないようにしていき、根気よく繰り返し伝えていくことが大切になります。子供に一度では伝わらないのは当たり前!と思うようにすると良いでしょう。子供にとって大切なことは、うるさいと思われても言い続ける必要があります。一見、全く耳に入っていないように感じてしまうこともありますが、子供は必ず聞いています。一貫して同じことを教えていくことで、子供は少しずつですが重要性に気が付き、身に付いた末に習慣化されていくのです。三歩進んで二歩下がるぐらいの速度での、反復練習が大切になります。幼児期に習慣化されたことは、その後の人生においての宝物です。必ず大きくなってから役立ってくることなので、親は諦めずに伝え続けましょう。食事というのは、生きていく上で最も大切なことと言っても過言ではありません。1日3食の食事を、みんなで楽しく気持ちよく過ごすために必要なマナーや礼儀を身に着けていきましょう。今回は、「食べ物を口の中に入れ過ぎない!」というテーマで考えていきたいと思います。

・食べ物を口の中に入れ過ぎないようにしよう

よく、口の中に食べ物をいっぱい詰め込み、ハムスターのように頬っぺたを膨らませながら一生懸命モグモグ噛んでいる子供を見かけることがあるかと思います。幼い頃は可愛らしく感じるかもしれませんが、将来的には良いことは何もありません。口いっぱいの食べ物のマイナス点は、以下のようになります。

○良く噛んで食べるという習慣がつきにくい

一気に多くの量を口に入れてしまうと、どうしてもまとめて飲み込むことになりがちです。その結果、咀嚼回数が少ない状態になってしまうのです。

○クチャクチャと噛むようになってしまう

口の中の量が多いと、どうしても唾液の力を借りて、噛むことになります。そうすると、自動的にクチャクチャ音を立てながら噛むという習慣がついてしまうのです。

○早食いの習慣がついてしまう危険性がある

一回の咀嚼量が多いと、どうしても早食いになりがちです。よく噛む+適量を噛むということを心がけていきたいですね。

○味覚の発達が鈍くなってしまう

一気にまとめて口に入れ噛むことで、1つ1つの味が認識しにくくなります。その結果、味覚の発達が鈍くなってしまうのです。

これらのことを予防するために、食材の大きさへの工夫が一番の近道になります。極端に言うと、食材の大きさは大か小のどちらかが良いでしょう。

○大きい食材

あえて子供が一口では食べられないような大きさにカットしておきます。そうすることで、噛みちぎりながら口の中に入れるというを学びます。

○小さい食材

まだ自分で上手に噛みちぎれない月齢の子供や、噛みちぎりにくい食材の場合は、きちんと小さくカットして食卓に出してあげましょう。

中途半端な大きさの食材は、子供は一気に口の中に入れがちです。大か小というのを心がけると良いでしょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More