完食を目指そう! 幼児期からキレイに食べきることを身に着けよう

約 1 分
完食を目指そう! 幼児期からキレイに食べきることを身に着けよう

・しつけとは

一言で「しつけ」と言っても、幼児期のしつけとはいったいどのようなものなのでしょうか?それは、周囲に迷惑をかけないように、親が子供に大切なマナーや礼儀などを教えていくことになります。マナーや礼儀には様々なものがありますが、食事のマナーや礼儀というのは、生涯を通じてとても重要なポイントになります。しかし単に教えると言ってもそれは容易なことではなく、小さな子供にマナーや礼儀を教えるというのは、とても時間と手間がかかることなのです。なかなか一度では伝わらずに、身に付かないことが多くあり、苦戦してしまう親も多いのではないでしょうか。親は覚悟を決めた上でそれにめげないようにしていき、根気よく繰り返し伝えていくことが大切になります。子供に一度では伝わらないのは当たり前!と思うようにすると、焦る気持ちや葛藤から助けられるはずです。子供にとって大切なことは、うるさいと思われても言い続ける必要があります。一見、全く耳に入っていないように感じてしまうこともありますが、子供は必ず何らかの形で聞いています。一貫して同じことを教えていくことで、子供は少しずつですが重要性と必要性に気が付き、身に付いた末に習慣化されていくのです。幼児期に習慣化されたことは、一生の宝物です。必ず大きくなってから役立ってくることなので、親は諦めずに伝え続けましょう。食事というのは、生きていく上で最も大切なことと言っても過言ではありません。1日3食の食事を、みんなで楽しく気持ちよく過ごせるようにしていきたいですね。今回は、「お皿が空っぽになるように、キレイに食べきろう」ということについて考えていきたいと思います。

・お皿が空っぽになるように、キレイに食べきろう

幼児期のうちからキレイに食べきる習慣をつけておくことは、とても大切です。けれど、子供にただ「キレイに食べようね」と言っても、なかなか難しいものです。キッカケ,大切な理由,子供にとっての魅力的な物など、なにか理由がないと取り組むタイミングがなくなってしまいます。子供が自然に「キレイに食べよう!」と思えるように、いくつか方法を紹介していきますので参考にして下さいね。

○食材への感謝の気持ちを説明する

その日のメニューに入っている食材について、話すようにすると良いでしょう。「~は、八百屋さんで買ったね」「~は暑さに負けずに畑で育ったんだよ」など、何でも良いです。子供が「食べたい!」と思えるキッカケを作ってあげて下さい。

○作った人への感謝の気持ちを説明する

お家で食べる時は、「お母さんが頑張って作ったから、食べてみてね。美味しいかな?」とか、外食する時は「コックさんが~のために作ってくれたから、残さずに食べようね」など、声掛けがとても大切になってきます。

○お皿がキレイに空っぽになる達成感を伝える

子供用のお皿の多くは、キャラクター物であったり可愛らしい絵柄などがあるかと思います。それを、上手に利用してしまいましょう。「全部食べたら~の顔が見えるかな」「~のフォークを使って食べると美味しいね」「全部食べたから、~がちゃんと見えたね」など、何でも良いです。子供の食べたいという気持ちを掻き立て、完食後の達成感を伝えていきましょう。

・まとめ

幼児期に身につけた「キレイに食べきる」という習慣は、必ず大きくなってから役立ってくることです。どこで食べても恥ずかしくない人に育てるためには、毎日の心がけが大切になります。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More