歯科医療から見た食育の重要性とライフステージごとのポイント

約 1 分
歯科医療から見た食育の重要性とライフステージごとのポイント

食育の充実が健康な歯をつくる

食育は、健康的な心身を育むためだけでなく、丈夫な歯を育て、維持していくためにも大切なことだと考えられています。私たちは、体をつくる食べ物を、口から摂取しています。食べ物の入り口となる口や歯の健康は、生涯にわたって、心身の健康に大きく影響してくるのです。

歯科関連領域では、食育基本法や食育推進計画法ではほとんど触れられていない「食べ方」に着目し、食育を推進しています。公益社団法人 日本小児歯科学会も、公式サイトの中で食育の重要性について触れており、ライフステージごとの教育の必要性について提言しています。

母親の口腔環境が胎児の健康に影響

子どもの健康づくりは、胎児のときからスタートしています。妊娠中の母親の口腔環境が、生まれてくる子どもの健康と密接な関係があることが分かってきています。近年、妊娠中の歯科検診が推進されているのは、胎児の健康を育むためでもあるのです。

妊娠中の母親は、バランスのとれた食生活を送るととともに、口腔環境についても気をつける必要があります。

口から食べる準備をする授乳期

授乳期は、授乳はもちろん、口を使った指しゃぶりや、おもちゃを舐めるなどの遊びが、口から食べる準備を整えるうえで大切です。

母乳育児は、赤ちゃんと母親の絆を深めるだけでなく、免疫力の向上や、口の機能発達の基礎にもなります。口の発達の観点からも、母乳が推進され、できるだけ長く飲ませることが良いとされています。

口から食べる練習をする離乳期

離乳期は、赤ちゃんの食べ方や飲み方の発達を促す食育が必要です。飲み込む動きや、口に取り込む動き、噛む動きを引き出していく必要があり、これらは、食べ物に親しみながら、少しずつ学んでいくといいでしょう。

離乳食をしっかり噛み、飲み込むためには、口の閉じ方や姿勢が重要です。唇はしっかり閉じるようにし、食べる姿勢にも気をつけましょう。

離乳期に手づかみ食べをさせることは、噛む機能の発達に大切です。離乳期は、ベビーフードに頼りすぎずに、手作りの離乳食によって五感を刺激し、手づかみ食べを十分に経験させるようにしましょう。

自分で食べることを促す幼児期

乳歯が生えそろう3歳頃からは、しっかり噛んで、上手に飲み込むことができるようになります。硬さや、大きさの異なる様々な食品を与えることで、噛む力が自然に鍛えられていきます。

この時期の食習慣は、生涯にわたって長期に影響します。「早食い」や「丸のみ」は避け、3食を規則正しく食べる習慣を身につけさせておきたいところです。箸の正しい使い方や、お椀類での食べ方などを通じて、日本の食習慣についても教えていきましょう。

永久歯を育む学齢期

学齢期には、乳歯が少しずつ永久歯に生え替わり、永久歯列が形成されます。永久歯が育まれていくことで、前歯で食べ物をかみ切ったり、奥歯で食べ物をすりつぶしたりするなどの能力が高まります。生活習慣が乱れがちになる時期ですが、間食や甘い飲み物類などは控え、主食をしっかりと食べ、よく噛む習慣を維持し続けていくことが大切です。

早食いと肥満の関係や、よく噛むことが虫歯の予防につながることなどから、健康的な食べ方についても学んでいきたいところです。

将来の生活習慣病を予防する青年期

高校生になると、歯列や口腔の機能は完成しています。自己管理ができている場合と、できていない場合で、口腔環境に大きな差が現れてくる時期です。

五感を意識して、満たされる食べ方を促し、健康な生活を自ら考えられるように支援していくことが大切です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More