文部科学省が取り組む食育とは

約 1 分

現代の食問題

昨今の食生活の乱れからくる子供たちの健康状態の変化には、将来の健全な心身の成長を危惧されるものがあります。偏った食事の取り方や、特に朝食を取っていない子供の割合が増えています。さらに日本全体として生活水準が向上し、飽食の時代となっています。そのため肥満傾向を示す子供の割合、そして過剰な食品廃棄なども問題視されています。飽食にも関わらず痩せ型の体型をした子供たちも多くいます。これには貧困によるものだけではなく、必要のないダイエットを間違った考え方を持つことで行ってしまっているという背景があります。世の中に食べ物があふれると、食材への感謝の念も忘れがちです。どのようにして食べ物が生産され、どこからきて、どのようにして私たちの食卓まで来るのかという過程を知ることが重要で、特に幼いころからの教育が非常に大切なことなのです。

食育の推進

食にまつわる数々の問題が注目されるようになった今、このような現状を踏まえて平成17年に食育基本法、そして平成18年には食育推進基本計画が制定されることとなりました。食育という、食に関係する全般的な知識を正しく身につける教育を国として本格的に始めました。この食育という考え方は子供たちのみならず生まれたばかりの赤ちゃんからお年寄りの方まで全員に共通しています。特に子供たちが食の正しい知識と食習慣を習得できるよう、学校へ向けた取り組みは文部科学省でも具体的な活動がなされています。このように食育は家庭や学校など多方面から積極的に取り組んでいくことが重要なのです。

文部科学省の具体的な取り組み

食を通じて地域を理解すること、食文化の継承を意識すること、自然の恵みの大切さを理解することが大事です。これらのことを子供たちに分かってもらうため文部科学省では教材の提供や具体的なノルマを設定しています。例えば食文化の理解や食料自給率からの視点で言うと米飯給食の推進です。米飯給食の回数を週に3回以上と設定し目標達成できるよう各学校に呼びかけをしています。米は日本においてもっとも基礎となる食べ物です。そのためまずは米を通してその生産過程や日本の食文化の理解を進めるのです。また成長期をこれから迎える子供たちには栄養バランスの取れた食事が欠かせません。そのことを踏まえて、学校で栄養管理ができるよう調査などが行われています。そして小学校の高学年にもなると栄養素について理解もできるようになるため、栄養学の基礎が楽しく学べるような教材を用意し、教諭に対しては指導時のポイントなどが書かれた専用の教材も作られています。その他食品に関する安全確保やアレルギー問題についても注意喚起をしていて、食品アレルギーを持つ子供への対応方法なども考えられて、教諭側の食育への理解度の向上を進めています。

教諭と生徒の双方の食育理解が必要

文部科学省での取り組みは子供たちの健全な成長を主な目的として進められていますが、その目的を達成するためには、その生徒に教える立場にある教諭側がまず理解する必要があります。そのため指導方法や詳しい内容理解ができるよう資料や情報の提供を積極的に行い、子供たちにはより食への興味関心が持てるような工夫をした食育推進方法が考えられています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
食育基本法
近年、「食育」という言葉が様々なメディアで取り上げられるようになりました。 食育とは、様々な経験を通じて「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する人間を育てる事です。 「食」で「育む」と書いて食育。食育により、体と心を育みます。 &...
三大栄養素でバランスが整う食育
目次栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分三大栄養素とは何か炭水化物タンパク質脂質三大栄養素を上手に取り込もう 栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分 私たちは食事により呼吸、体温の保持、体を動かすなどの生命維持を行います。子供はさらに...
More