保育園での食育実践内容

約 1 分

保育園で食育推進する重要性

食育の考え方は、国民が健全な心身を育むことをできるよう教育するということが基礎にあります。この理念を身につけるには柔軟な思考が可能である乳幼児期からの食育推進が非常に大きな意味を持ちます。今後の食に対する心持ちだけでなく、生物としての本来の意味である、望ましい栄養バランスの補給をするという意味でも特に子供には食育が大切です。そして保育園でも食育推進することが推奨されています。

体づくりの視点による食育実践内容

食育を行うにはまず計画を立て、その内容に沿って実践していきます。計画や方針を決め、そして何を行っていくかということを職員で話合い、その都度見直しが必要であれば修正していくこともしなくてはなりません。この話し合いの場を設けるということも食育の実践内容の一つと言えます。より具体的な保育園における食育、特に体づくりのための食育として取り組んでいることに「バランスの取れた食事を取ること」があります。わざわざこうして取り上げると、当たり前すぎるような気もしますが、ここをしっかりとしているということが食育活動の発展に繋がってきます。そのほか栄養のバランスだけでなく「食事の量を調整する体験」も一種のバランスです。栄養バランス、容量バランスを取る体験をすることが食育として実践しています。また「調理体験」も実施されています。自分で食事を作るという体験も非常に大切なことで、大人になったとき、食への確かな知識があっても調理がまったくできなければ最終的に正しい食事を取ることができないのです。もうひとつ実践内容として、保護者に対しても食に関わる相談、そして講習会を開催しています。やはり食生活の大部分を占めることになる家庭での食事を充実しなくては子供の健全な体作りができません。

食文化の視点による食育実践内容

栄養学の知識、調理の技術等の教育のみが食育ではありません。各地域における食の文化を知り、継承していくこと、食材の循環などを理解することで食への感謝の気持ちを持つことができるようになります。そのために実践していることとして「地域の伝統的な食事に関わる体験」があります。情報が氾濫し食文化の入り混じった昨今では、昔からある地方の伝統が失われつつあります。実際に伝統的な食事を肌で感じることで初めてわかることもあります。ここではこのような感性を身につけてもらう意味も込められています。そして「飼育・栽培体験」を自分でしてみることで、食事を取るまでの苦労や、自然の恵みへの感謝の気持ちを育みます。食事は人間同士のコミュニケーションを取る機会にもなります。楽しく食事を取ることが人生を有意義に過ごす一つの要因になるのです。そこで食文化や伝統料理へのかかわりを持つ意味も含めて、「地域の人との会食に関わる体験」も一部では実施されています。特に田舎では人と人との交流が密に行われており、年代が違えども同じ空間で同じ行為をすることは親近感や安心を感じることに繋がるのです。

保育園での食育まとめ

このように様々な視点から食を知ることが望ましい食育の実施と言えます。またこれらに加えて食事マナーを学ぶということも社会に出ると重要なことになるため家庭や保育園で積極的に教育される傾向にあります。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More