子どもだけに食育で大丈夫でしょうか

約 1 分
子どもだけに食育で大丈夫でしょうか

90年代半ばから教育の現場で始まった「食」に関する取り組みは、2005年に「食育基本法」の施行という形で国民的なものになりました。それから10年以上が経過し「食育」という言葉は多くの人に浸透してきています。しかし、その内容をきちんと理解している人は、どれほどいるでしょうか。

「食育」は国民全員が学ぶもの

「食育」という言葉の響きからそれが何か「教育」の一部のような印象を持ってしまい、大人ではなく子どもだけが学ぶものと思われがちです。
「食育」とは「食」に関する知識を身に着けて学ぶことであり、これは子どもに限ったものではありません。「食べる」ことは生きていくうえで最も基本的なもののひとつ。これに年齢は関係なく、むしろ子を持ち親となる大人にこそきちんと理解して欲しい知識であるといえます。
「食育基本法」はその前文の中で、食育を生きる上の基本であり知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けています。

食育はなぜ子どものうちから必要なのか

「三つ子の魂、百まで」という言葉がありますが、まさに食に関するものは子どもの頃からの生活習慣が大きく影響するといわれています。大人になってから知識だけを身に着けて自ら生活習慣を改善することは、子どもの頃からそれを身に着けることに比べてかなり難しいと考えられるからです。
また、生活習慣だけでなく味覚に関しても、人間は3歳までに食べた物の味を覚えていて、その後の生活に大きな影響を及ぼすといわれています。若い時はもちろんですが、年を重ねて健康維持に食生活の重要性が高まった時に、その人の基本である味や食習慣に戻る傾向があるそうです。このことからも、幼児期の食生活がいかに重要か考えさせられます。
近年、特に教育の現場で「食育」に関しての取り組みが多く見られるようになったと感じている方も多いでしょう。学校からの「給食だより」などを見ても「食育の日」を意識したものになっていますし、学校によっては食育を意識したプログラムをアピールするところもあります。
できる限り小さいうちから正しい知識と生活習慣を理解して身に着けることで、その子どもたちが大人になった時に、自身の健康だけでなく周囲の環境や社会との関り方にも気を配れるようになることを期待し、官民一体となり進めている政策が「食育」だといえるのです。

大人が担う大きな役割

子どもの頃からの生活習慣が大きく影響を及ぼすとはいえ、大人になってから知識を得て実践することが無駄かといえば、それは全く違います。平均寿命が長くなっている現代において、健康な状態で老後を過ごすことは重要なポイントです。
その健康を維持することに欠かせない要素が食生活であることは明白であり、何より大人の生活習慣が子どものそれに大きな影響を及ぼすことはいうまでもありません。
また、私生活はもとより、ビジネスのシーンで外国の方とテーブルを囲む機会がある方にとっても食育が大きく役に立ちます。食事のマナーや、それぞれの国の文化などを食の視点から学ぶこともまた、食育なのです。多様な食習慣と食文化を選択できる現代において、大人が率先して「食育」へ関心を持っていくことが求められているのです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More