食育と歯の耳寄りなお話

約 1 分
食育と歯の耳寄りなお話

食育を学ぶことにより、生活習慣病を予防する効果があるということは皆さんご存知ですよね。
そしてそれは、歯の健康にとっても同じことです。食育の中にある理想の食習慣、「咀嚼」することがもたらす大きな効果のひとつなのです。

虫歯や歯周病の予防に

「よく噛んで食べるのよ」と、子どもの頃に親から言われたことのある人は多いはずです。
いわゆる早食いの人は太る、などとも言われますが、そもそも何度も噛むことでどんなよいことがあるのでしょう。
よく噛んで食べることにより、食べ物に含まれる繊維質や、咀嚼による頬や唇の動きから歯についた細菌や糖分が落とされます。更に、噛むことで唾液腺から抗菌作用のある多量の唾液が分泌され、虫歯菌の活動が抑制されるのです。また、この咀嚼運動により歯肉が刺激されて血行がよくなることで、歯槽膿漏(しそうのうろう)にもなりにくくなるという利点もあります。

噛むことが促す子どもの脳の発達

虫歯予防以外にも、この咀嚼運動には脳を刺激して脳細胞の代謝活性を促し、脳の血液の循環を良くする効果があります。こめかみに指をあてて、「ここを沢山動かすと賢くなるよ」などと言われた経験を持つ人もいるかもしれませんが、こういった理由があるのですね。
子どもの心身の発育は、脳神経系、ホルモン分泌系から進んでいくので、小さい頃からよく噛んで食べる習慣を身に付けていることで、脳細胞の発達にとって重要な栄養を、効率よく脳に送ることができます。
また、子どもだけでなく大人にとっては、脳の活性化に効果があり、老化やボケ防止につながると言われています。

まだある驚きの効果

噛むことで分泌される唾液にはラクトペルオキシダーゼという酵素が含まれており、発がん性物質として知られる有害な活性酸素を除去する働きがあることが明らかになっています。
更によく噛んで砕かれた食べ物が唾液に包まれることで、食道や胃壁への刺激が弱まる効果があります。辛い物を食べる際は、意識してよく噛むとよいでしょう。
よく噛んで、ゆっくり時間をかけて食事をすることにより、満腹中枢に対して食欲抑制のメカニズムが働きます。これにより、食べすぎを防ぎ、肥満防止にも効果が期待できます。

噛む回数が減っている現代人

よく噛むことがよいことだと知りながら、現代の私たちが噛む回数は減っているのが現状です。
日本咀嚼学会によると、現代人が一回の食事で噛む回数は、戦前の人々と比べると約半分だそうです。
さらに時代を遡り、邪馬台国の時代、卑弥呼が生きていた時代の人々は私たちの6倍以上噛んでいたそうで、驚きです。もちろん、調理法が未発達な時代は、よく噛まないと食べられないものが多かったと想像されますが、その効果として当時の人々は顎がよく発達して虫歯などもほとんどなかったと言われています。
近年、柔らかい食べ物が増えたことにより「噛まない」子どもが増え、顎が小さく歯列の乱れの問題を抱えていることは多く知られています。
意識して噛むことは、簡単ですが重要なことだと言えますね。

噛む回数の目安は

それでは、どれくらい噛んだら「よく」噛んだことになるのでしょう。これは一般に一口で30回と言われています。これは、唾液に含まれる酵素が、食べ物に含まれる有害物質から出る活性酸素を消去するのに約30秒かかることから来ているようです。実際に試してみると、かなり多く感じますが、意識して実践することで習慣づけることができます。

よく噛む習慣をつけるのは家庭の食卓から

特に子どもへの、よく噛んで食べる習慣は、子どもだけでなく家族全員が一緒に実践することが近道だと言えます。ゆっくり噛みながら取る食事は、コミュニケーションの時間も多く取れます。食育の中でよく出てくる言葉、孤食(コショク)ではなく、みんなで楽しく食べる中で、自然と身につくのが理想ですね。

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More