学校の「給食だより」から考える食育月間

約 1 分
学校の「給食だより」から考える食育月間

全国の小学校では毎月、給食の献立と一緒に「給食だより」が配布されています。この内容は学校によって様々で、中には「給食だより」ではなく、「食育だより」という名前になっているものもあります。
特に6月は、平成17年に制定・施行された「食育基本法」により、「食育推進基本計画」から毎年6月を「食育月間」と定めているため、「食育」の内容をフォーカスしたものが多くなっているようです。

朝食の大切さ

厚生労働省の調査によると、朝食を食べないことがある小学生は小学6年生で12.5%という結果になっています。この数字は年齢が上がるほど高くなる傾向があり、中学生では16%を超えています(平成27年度調査)。
最近では、朝食をきちんと食べる子どもほど、学力調査の平均点が高いことが知られていますし、運動能力に関しても、高い数字が出ています(平成27年度 全国体力・運動能力・運動習慣等調査より)。
これを受けて「朝食を食べるとどんないいことがあるのか」ということを、簡単な言葉で分かり易く説明している学校が多くあります。

地産地消の大切さ

「地産地消」とは、「その地域で生産されたものを、その地域の中で消費すること」です。
近年、以前より多くの学校が、その地域で手に入る食材を給食に使い、それを「給食だより」の中で紹介しています。学校給食に地産地消を取り入れることで、子どもたちは自分の住む地域で何が採れるのか、何が作られているのかを知ることができます。それと同時に、身近な地名から、その食材がどのように生産されているかを想像し易くなり、生産者をより近くに感じることで、食べ物を大切にする心を育むことが期待されます。

旬の食べ物を知る

学校給食では積極的に旬の食べ物を使ったメニューを取り入れています。特に野菜は、ほとんどの物が一年中手に入るため、その本当の旬を知らない子どもたちが増えています。
旬の野菜は、自然の恵みを受けて成長するため、化学肥料などを極力使わずに収穫することができます。ある調査・研究によると、野菜の季節ごとの栄養価は季節によって大きく変わり、ほとんどの野菜で旬の時期に最も栄養価が高いことが分かっています。
また、旬の食べ物は大量に流通するため価格も安いというメリットもあります。
このような旬の食材を給食で食べることで、子どもたちは旬の食べ物の美味しさを知ることが出来ると同時に、その季節に必要な栄養素を摂取することができます。

子どもだけでなく親にも向けた内容

「給食だより」というのは、子どもが学校から持ち帰り親と一緒に見るプリントのひとつですから、その内容は親にも向けたものになります。
例えば朝食については、親が朝食をとらない家庭は、子どもも朝食をとらない割合が高いというデータがあります。まずは大人が朝食の大切さを学び、それを実践することが大切だということですね。
また、家庭での「お手伝い」についても触れている「給食だより」が多くあります。親子で食事の支度をすることで、子どもは自然に食材の知識や調理法、またその家庭の味などを学ぶことが出来ます。
毎月、家庭で簡単に作れる給食のメニューのレシピを掲載している学校も多く、給食を食べた子どもが、もう一度家庭で家族と同じメニューを作るという場面を想定しているようです。親子で一緒に食材を揃えたり、学校の給食と家庭で作ったものの味を比べたり、楽しみながら食育を学ぶことが出来るのでお勧めです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More