食育の取り組みで保育園が大切にしていること

約 1 分
食育の取り組みで保育園が大切にしていること

保育園における食育

平成17年に食育基本法が制定されて以降、保育園における食育のニーズはますます高まっています。食事は子どもたちの五感を豊かにし、健康的な心身を育むためには欠かすことができない大切なものです。保護者からも注目を集める保育園での食育ですが、どのような取り組みが行われているのでしょうか。保育園で実践されている取り組みから、食について保育園が大切にしている4つのことを見ていきます。

食育は子どもを主体にする

食育は、大人が一方的に知識を伝えることではありません。特に、保育園における食育は、菜園活動や、給食時の当番活動、調理体験など、子どもが主体となる活動を通じて、共に作るという意識が大切です。自分たちで育てたり、収穫したり、調理したりすることで、子どもたちと食との距離は一気に縮まります。食に関する興味や関心を高めるために、保育園では子ども主体で食育を実践することを大切にしています。

自然食品をメインにした給食の提供

保育園での給食は、子どもたちの健康的な心身を育むとともに、子どもたちの味覚を育てます。そのため、保育園での給食は、添加物などの化学薬品を極力使用せず、自然で安全な食材を使うことを大切にしています。和食の良さを見つめ直し、素材の味を活かした給食を提供することを、多くの保育園が意識していいます。玄米和食を徹底している保育園もあります。子どもたちにとって給食は、心の栄養を摂取する場でもあります。友達や先生と一緒に、会話をしながら、楽しく食べることを大切にし、楽しい食事の思い出を増やしていくと良いでしょう。

食のマナーを身につける

乳幼児期は、「いただきます」と「ごちそうさま」のあいさつや、箸や食器の使い方、食べるときの姿勢、食べ方など、食のマナーを身につける大切な時期です。大人になってから食習慣を改善することは難しいため、子どものうちからマナーを教えていくことが大切です。保育園では、みんなで美味しく食べながら、マナーが身につけられるように工夫しています。そのため、食器にこだわっている保育園も多いようです。あえて磁器の食器を使うなどして、「大切に使わないと割れてしまうかもしれない」、「食器は持って食べなければいけない」ということを、子どもたちは自然と認識していきます。食器や食べ物を大切にすることは、自然や生産者、調理する人など、食に関わるあらゆる人・モノへの感謝の気持ちを養うことにもつながっています。

家庭と保育園を食でつなげる

子どもたちの健康的な食生活は、保育園の給食だけでは完結しません。朝食と夕食は家庭で食べることほとんどのため、保育園では、食を通じて保育園と家庭をつなげることを大切にしています。そのため、給食のメニューや、給食の様子などを積極的に発信し、保護者の給食への関心と理解を深める努力をしています。また、保護者を対象にした料理教室を実施したり、親子クッキングを実施したりするなどして、特色のある食育を工夫しています。菜園活動も保育園にとどめず、家庭菜園にまで展開することを目指している保育園もあります。食の体験を共有することは、保護者と子どもの絆を深めることにもつながります。保育園での食育活動は、保護者を巻き込み、家庭にも広げていくことが大切です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More