子どもの偏食を減らす5つのポイント

約 1 分
子どもの偏食を減らす5つのポイント

子どものためを思うからこそ、子どもの食事に頭を悩ませる保護者の方がたくさんいます。好き嫌いが多くて、「食べなさい」と何度も怒ってしまったり、無理やり食べさせようとしたりしていると、親子ともに食事が負担になってしまいます。

そうなる前に、子どもの偏食を減らす5つのポイントを実践してみてください。

子ども何が嫌なのかを聞こう

「皮があって食べにくい」「種があって食べにくい」「苦い」「酸っぱい」といったように子どもの嫌いには必ず理由があります。まずは、子どもに何が嫌いなのかを確認してみましょう。例えば、「ピーマンが苦手」という場合、ピーマンの何が嫌いなのかを聞いてみてください。ピーマンの苦みが嫌いといわれた場合、切り方を工夫したり、調理法を工夫することで苦みを和らげることができます。また、「なすが嫌い」という場合、何が嫌いか聞いてみると、「川が口に残るから」というのであれば、皮をむいて調理することで食べることができるようになります。味に慣れてくれば、徐々に皮がついた状態でも食べられるようになってきます。このように、子どもの嫌いを把握したうえで、それを解消する野菜の切り方や調理方法などを工夫することで、今まで苦手だった食材が食べられるようになることもあります。

お手伝いで苦手食材を身近にしよう

苦手な食材を使った料理のお手伝いをお願いして、一緒に作ってみましょう。例えば、ピーマンだったら、中の種を取り除くのを手伝ってもらったり、きのこだったらほぐすのを手伝ってもらったりすることで、食材に対する嫌な記憶が楽しい記憶となったりします。また、自分が作ったものは、愛着を感じ、より美味しく感じることができます。

楽しく会話しながら食べよう

怒られて食事をとるときと、楽しく会話しながら食べる食事では、どちらが食が進むか。考えなくても一目瞭然です。楽しい食事は、おいしく食べられるだけでなく、消化吸収も促してくれます。また、食卓の食材などを話題にすることで食事に興味関心を示しやすくなります。家族で楽しく食事をすることは何よりも大切なことです。同じものを一緒に食べて「おいしいね」を共感することを大切にしましょう。

楽しい雰囲気で挑戦する

親戚やお友達をよんでホームパーティーをしたり、バーベキューやピクニックなどのいつもと違った楽しいイベントの時に苦手なものに挑戦する機会を与えると成功率がアップします。おじいちゃんやおばあちゃんにいいところを見せようと頑張って食べてみたり、お友達がおいしそうに食べているのをみて、少しだけ食べてみようかな。といった気持につながりやすくなるからです。非日常の楽しい雰囲気での体験が、苦手なものを克服するチャンスになることもあります。

効果的な声かけを意識してほめる

子どもが「これ嫌い」などといったとき、「絶対に食べなさい」と言ったり、「嫌なら食べなくていいよ」と放っておいてはいけません。「大きくなるよ」、「疲れにくくなるよ」、「走るのが早くなるよ」、「お腹がすっきりするよ」などといった、なるべく子どもにわかりやすい言葉で、「食べるといいことがある」といった声かけを意識してみましょう。また、苦手なものが食べられたら、「食べられたから大きくなるね」や「走るのが早くなるね」などといって、具体的ないいことを伝えながら、がんばったのをたくさんほめてあげてください。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

幼児期の食育に生かすお手伝い
食育基本法が制定されて以来、保育園や幼稚園、学校などで様々な食育活動が行われ、子どもたちも食に興味関心を持つ機会が増えてきました。しかし、食生活の基本はあくまでも家庭です。家庭でご飯を家族で楽しく食べることが、生きる力の源となります。家庭で...
離乳食は食育の第一歩
食育とは、生涯を通して通して行われるものです。今回はその第一歩である離乳食についてみていきましょう。離乳食の開始の目安としては、首が座っている。支えがなくても座ることができる。大人の食事に興味を示す。スプーンなどを入れても舌で押し出すことが...
More