食育の始まり!味覚を育む離乳食

約 1 分
食育の始まり!味覚を育む離乳食

離乳食初期「5~6ヵ月」目安

離乳食初期は、なめらかにすりつぶしたドロドロの調理形態の食べ物を与えることが開始となります。個人差はありますが、舌で食べ物を送り、唇で食べ物を取り込む動きができるようになってきています。子供の発育の目安としては、首のすわりがしっかりしている、食べ物に興味を持っている、スプーンなどで口に入れても押し出すことが少なくなってきているなどがあげられます。始めは一さじ、様子を見ながら増やしていきます。アレルギーの可能性が心配なので、1日午前中に1回が理想的です。開始から1ヵ月くらいは食べ物を飲み込む、舌触りに慣れることが目的なので無理せず進めていきます。野菜は灰汁の少ないものを選び、味付けはせずに素材そのままの味を食べさせます。まだしゃべれなくても、「お食事をしようね」と声をかけて楽しい雰囲気で食事をすることが大切です。

離乳食中期「7~8ヵ月」目安

離乳食中期には、大分多くの食材が食べれるようになります。1日2回、舌でつぶせる硬さの調理形態です。ドロドロ状から刻んだような粒状に変化させていきます。初めて食べる食材に関しては、1さじ与えたら様子を見る、午前中に与えるようにするというのは初期と同じです。上あごや歯ぐきを使って食べ物の押しつぶしができるようになります。味付けをしても良い時期になります。調味料は大人の1/4程度のほんのりと味がつく程度で、味噌、醤油、塩、砂糖などを使用し始めます。だしは、昆布だけでなくカツオ節や煮干し、もし顆粒だしを使用する場合は無添加、食塩不使用のものを選ぶと良いです。香辛料や刺激物はまだ使用できません。
量をたくさん食べさせるというより、粒状の食べ物が食べられるようになることが大切です。また食事の量が多くなってくると便秘に悩むこともあるので、きちんとやわらかい便が出ているか確認するようにします。

離乳食中期「9~11ヵ月」目安

大半の栄養を食事から摂取し始めます。歯茎でつぶせる硬さにし、粒状から少し大きめにサイコロ状くらいの大きさにすると良いです。歯茎でつぶせる硬さの目安は指でつぶせるバナナくらいの柔らかさです。味付けはまだ薄味で、中期とあまり変わりません。甘味を好む傾向がありますが、多量に食べさせると他の味覚が鈍感になってしまいますので注意しましょう。1日3回家族一緒に食べる楽しさ、子供は自分で食べられることへの喜びを見つける時期となります。
11ヵ月頃自分で食べたがる傾向があるので、手で持って食べるのに適した手づかみ食べとして小さなおにぎりやパンの耳を除いてスティック状に切ったもの、野菜をスティック状にして煮たもの(人参、大根等)を1品取り入れてあげると良いでしょう。自分で食べるという気持ちを尊重し、食べ散らかしてもいい準備をすることも大切です。

離乳食完了期「12~18ヵ月」目安