食育の始まり!味覚を育む離乳食

約 1 分
食育の始まり!味覚を育む離乳食

離乳食初期「5~6ヵ月」目安

離乳食初期は、なめらかにすりつぶしたドロドロの調理形態の食べ物を与えることが開始となります。個人差はありますが、舌で食べ物を送り、唇で食べ物を取り込む動きができるようになってきています。子供の発育の目安としては、首のすわりがしっかりしている、食べ物に興味を持っている、スプーンなどで口に入れても押し出すことが少なくなってきているなどがあげられます。始めは一さじ、様子を見ながら増やしていきます。アレルギーの可能性が心配なので、1日午前中に1回が理想的です。開始から1ヵ月くらいは食べ物を飲み込む、舌触りに慣れることが目的なので無理せず進めていきます。野菜は灰汁の少ないものを選び、味付けはせずに素材そのままの味を食べさせます。まだしゃべれなくても、「お食事をしようね」と声をかけて楽しい雰囲気で食事をすることが大切です。

離乳食中期「7~8ヵ月」目安

離乳食中期には、大分多くの食材が食べれるようになります。1日2回、舌でつぶせる硬さの調理形態です。ドロドロ状から刻んだような粒状に変化させていきます。初めて食べる食材に関しては、1さじ与えたら様子を見る、午前中に与えるようにするというのは初期と同じです。上あごや歯ぐきを使って食べ物の押しつぶしができるようになります。味付けをしても良い時期になります。調味料は大人の1/4程度のほんのりと味がつく程度で、味噌、醤油、塩、砂糖などを使用し始めます。だしは、昆布だけでなくカツオ節や煮干し、もし顆粒だしを使用する場合は無添加、食塩不使用のものを選ぶと良いです。香辛料や刺激物はまだ使用できません。
量をたくさん食べさせるというより、粒状の食べ物が食べられるようになることが大切です。また食事の量が多くなってくると便秘に悩むこともあるので、きちんとやわらかい便が出ているか確認するようにします。

離乳食中期「9~11ヵ月」目安

大半の栄養を食事から摂取し始めます。歯茎でつぶせる硬さにし、粒状から少し大きめにサイコロ状くらいの大きさにすると良いです。歯茎でつぶせる硬さの目安は指でつぶせるバナナくらいの柔らかさです。味付けはまだ薄味で、中期とあまり変わりません。甘味を好む傾向がありますが、多量に食べさせると他の味覚が鈍感になってしまいますので注意しましょう。1日3回家族一緒に食べる楽しさ、子供は自分で食べられることへの喜びを見つける時期となります。
11ヵ月頃自分で食べたがる傾向があるので、手で持って食べるのに適した手づかみ食べとして小さなおにぎりやパンの耳を除いてスティック状に切ったもの、野菜をスティック状にして煮たもの(人参、大根等)を1品取り入れてあげると良いでしょう。自分で食べるという気持ちを尊重し、食べ散らかしてもいい準備をすることも大切です。

離乳食完了期「12~18ヵ月」目安

完了期になると完全に食事から栄養を取り入れることができるようになります。歯茎で噛める硬さで大人とほぼ同じような食事が摂れるようになります。歯茎で噛めるとは肉団子くらいの硬さが目安です。しかし味付けは薄味にしましょう。大人の1/3くらいの味付けで大きさは一口サイズくらいにしてあげると食べやすいです。

はじめて口にするもの味覚の形成が始まる

大人と子供の味覚は違います。子供は基本となる5つの味「甘味・塩味・うま味・酸味・苦味」をとても敏感に感じ取ります。離乳食はこの5つの味の組み合わせを覚える大切な時期です。この時期にたくさんの旬の食材や薄い味付けで沢山の食品を摂取することにより味覚が形成されていきます。味覚形成には3歳までにどれだけ多くの味を覚えるかが重要です。大人になった時の生活習慣病に繋がる確率も増えていきます。初めて口にする食事から食育が始まっています。初期・中期・後期・完了期の段階を経て、食事の楽しさと味覚形成を育んでいきましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More