3歳までが勝負!子どもの虫歯を予防するコツは?

約 1 分
3歳までが勝負!子どもの虫歯を予防するコツは?

「生え変わるから大丈夫」は大きな間違い!

子どもの虫歯を見つけた時、「乳歯はそのうち生え変わるから大丈夫」「永久歯が生えてきたら気をつければいい」と思っていませんか?実は、これは大きな間違いです。乳歯が虫歯になりやすい子どもは、生活習慣や唾液の質に問題がある場合が多く、そのまま放置していると、永久歯に生え変わった時も虫歯になりやすい状態になってしまいます。

そこで、早いうちから虫歯になりにくい生活習慣を身に着けておくことが大切です。特に乳歯と永久歯では虫歯になる時のメカニズムも違うので、きちんとした知識を得て予防するように心がけましょう。

 永久歯の虫歯とはここが違う!乳歯の虫歯の特徴とは

「きちんと歯磨きもしていたのに虫歯になってしまった」とショックを受ける方も少なくありません。永久歯と乳歯の虫歯には、大きく4つの違いがあります。

1点目は、乳歯は虫歯になっても、永久歯のように黒い状態にならず、白のままであることが多いです。そのため、歯磨きをしてチェックしているつもりでも気が付かずに虫歯が進行していたという場合がよくあります。ただよく観察すると、初期の虫歯は歯が白色ではなく少し濁って見えるため、少しの違いでも見過ごさないようにすることが大切です。

2点目は、子どもの痛みの感覚は大人ほど発達していないため、初期の虫歯では何も感じないケースが多いです。虫歯になった箇所に食べものがはさまって歯茎が腫れて始めて痛みを感じるなど、虫歯がある程度進んだ状態で発見されることが多々あります。

3点目は、子どもが成長していく過程で食事も母乳、離乳食、普通食、おやつと変化し、甘いものを食べるようになると虫歯の進行も加速します。

4点目は、乳歯は永久歯に比べると歯の外を覆うエナメル質が半分ほどと言われています。エナメル層の下には、象牙質があるのですがそこまで達すると、虫歯がすぐに進行してしまいます。

子どもの虫歯予防のために、今すぐ出来ること

子どもの虫歯は初期の段階で見つけにくいという特徴があります。しかし、生活習慣を変えることで十分に予防することができます。

まず、子どもの虫歯ができやすい奥歯と奥歯の間は特に念入りに磨くことです。歯ブラシだけでは届かない部分もあるため、デンタルフロスなどを使って歯茎の間も磨くようにするのがおすすめです。

次に、フッ素入りの歯磨き粉を使うこともポイントです。先ほど説明したとおり、乳歯は永久歯よりもエナメル質が少ないため、エナメル質を強くするフッ素入りの歯磨き粉を使うことが効果的です。そして、キシリトールのガムなどを定期的に噛むようにすると、虫歯菌が酸を作ることを防ぐことができます。

最後に、意外とやってしまいがちなことですが、親が使ったスプーンなどでそのまま子どもにごはんを食べさせないことも大切です。家族の口のなかに虫歯があると、スプーンを通して、子どもに虫歯菌を移してしまいます。特に、虫歯菌が定着すると言われる3歳くらいまでの間は注意が必要です。

こうしたことに気を付けていても虫歯になってしまう、という場合には歯科などで唾液検査をすることもおすすめです。乳歯の虫歯はいろいろな原因が絡んでできるものですが、それぞれが持っている菌の量や虫歯のなりやすさなどを調べることができ、予防方法が見つけやすくなります。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More