遺伝子組み換え食品の知らない事実!子どもの食事を見直すポイント

約 1 分
遺伝子組み換え食品の知らない事実!子どもの食事を見直すポイント

「遺伝子組み換え食品」が子どもに与える影響とは?

遺伝子組み換え食品(GM)とは、簡単に言えば、遺伝子を操作して人間がつくった食品のことです。害虫に強く成長も早いため、安いコストで生産できることから広がってきました。しかし、虫も寄り付かない食材を人間が食べても問題ないのでしょうか?

結論から言えば、いろんな実験結果から危険性が示されています。昨今増えてきている大人の不眠症や不妊症、アレルギーなどの原因のひとつが遺伝子組み換え食品の摂取が増えたことにあるとも言われています。もちろん、身体が出来上がっていく成長期の子ども達にはできるだけ摂取を控えて欲しい食品です。

 そもそも「遺伝子組み換え食品」ってどんなもの?

昔からされてきた方法のひとつ「品種改良」は、病気や気候に強い品種をつくるために農作物や家畜などに対して行われてきました。例えば、有名なお米のブランド「コシヒカリ」もそのひとつです。ただ品種改良には、何世代にもわたって試行錯誤を繰り返すために、時間や費用が膨大にかかってしまう欠点があります。また、良い特徴を掛け合わせて作ったはずの作物が、逆に悪い特徴を持った作物になってしまったりという失敗もあります。簡単に言えば、これを乗り越える方法として「遺伝子組み換え」が登場しました。

現在流通している遺伝子組み換え食品の代表的なものとしては、トウモロコシ、なたね、トマト、大豆、じゃがいもなどが挙げられます。よくスーパーなどでの表示で「遺伝子組み換え食品は使用していません」というものがありますが、この裏には「重量比5%未満は表示しなくてもよい」「含有量の多い3位まで表示」「途中で分解されていれば表示しなくてもよい」などといった基準があります。つまり、私たちが思っている以上に遺伝子組み合え食品は流通しています。遺伝子組み合え食品に厳しいヨーロッパ圏では、日本に比べてはるかに厳しい基準で取り締まりが行われていますが、現在の日本では残念ながら抜け道が多いのが現実です。

 遺伝子組み換え食品を摂取しないために、気をつけるポイントとは?

では遺伝子組み換え食品を摂取しないために、どんなことに気をつければよいのでしょうか。そのポイントについてお伝えしたいと思います。

まず、ほぼ間違いなく遺伝子組み換え食品が使われているとされる「サラダオイル」を購入するのは止めましょう。子どもが大好きな揚げ物や天ぷらなどは、大量の油を使うためにサラダオイルを使う方も多いようですが、サラダオイルの代わりにオリーブオイルや米油を使うことをおすすめします。同様の意味から、スナック菓子や出来合いの揚げ物なども注意が必要です。たまに食べる分には仕方のないことですが、頻繁に食べる習慣のある方はぜひその習慣を見直してください。

また、ドレッシングやマヨネーズなどの加工食品にも注意してください。安価なものには、遺伝子組み換え食品が使われたサラダオイルが含まれていることがほとんどです。目には見えないものなので、つい値段重視で購入してしまいがちですが、安心して購入できる店で選ぶことが大切です。

どうしても、外で食事をしたりお惣菜を購入したりすると、食材まで吟味することは難しいことも多いです。たまに外食やお惣菜を利用するのはよいですが、基本的には安心できる材料を選び自宅で調理することをおすすめします。子どもの身体を守るのは、毎日の積み重ねから。難しく考えずに、簡単にできることから、シンプルに始めていきましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
食育基本法
近年、「食育」という言葉が様々なメディアで取り上げられるようになりました。 食育とは、様々な経験を通じて「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する人間を育てる事です。 「食」で「育む」と書いて食育。食育により、体と心を育みます。 &...
三大栄養素でバランスが整う食育
目次栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分三大栄養素とは何か炭水化物タンパク質脂質三大栄養素を上手に取り込もう 栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分 私たちは食事により呼吸、体温の保持、体を動かすなどの生命維持を行います。子供はさらに...
More