味覚障害を抱える子どもは、30%以上?食事の味を正しく覚えるためのポイント

約 1 分
味覚障害を抱える子どもは、30%以上?食事の味を正しく覚えるためのポイント

どうして「味覚障害」が起こってしまうの?

味覚障害を抱える子どもは、30%以上いると言われています。食べ物の味は「塩味」「甘味」「酸味」「苦味」「旨味」の5つがありますが、そのうちのどれかを認識できない子どもが全体の約30%いるという意味です。最も多かったのは「酸味を認識できない」子どもであり、21%を占めます。

本来であれば、子どもは味覚に対して敏感に反応します。一般的に甘味や塩味を好み、酸味や苦味は嫌がる傾向があります。酸味や苦味は食べものの腐敗や毒を意味することから、本能的に自分の身を守る力があるとも言えます。こうした私たちにとって大切な味覚が上手く働かない「味覚障害」はどうして起こってしまうのでしょうか?

一説には、ファーストフードやスナック菓子のような添加物や塩分などの多い濃い味付けのものを食べ続けることも以前から問題視されています。また、子どもの好きな洋食メニューでは、コロッケにソースをかけたり、から揚げにマヨネーズをかけたり、ウィンナーにマスタードやケチャップをかけるなど、濃厚な味付けが多いのも特徴です。そして、濃い味付けで喉が渇いた時に、砂糖や人工甘味料の入った飲み物を飲むというケースも多くあります。このようにして味の濃いものを食べていると、味覚を感じる「味蕾(みらい)」がきちんと働かなくなり、味覚障害になると言われています。

 味覚を正しく認識ためのポイント

先ほど挙げたような濃い味付けの料理や添加物の多い食事を食べ続けると、「亜鉛」不足になりがちです。亜鉛は、味蕾の機能を正常に保つためにも大切な栄養素で、昔ながらの和食に使われる食材にも多く含まれています。例えば、海藻類、魚、緑黄色野菜、大豆、雑穀などです。普段から和食を食べるようにしていれば自然と摂取できる栄養素でもあります。

また、「シンプルに食べる」ことも大切なポイントです。素材の味を認識するためには、味の強い市販のドレッシングやタレなどは不要です。しっかり噛んでいるうちに、素材の味が味わえるようになります。忙しい家庭では、スピーディーに食べる場合も多くあると思いますが、子どもの味覚を育てるためにもゆっくり味わって食べることを心掛けたいですね。また、同じような視点から「硬いものを食べる」のもおすすめです。昨今柔らかいものが好まれる傾向があり、特に味覚障害の方にはそれが顕著に表れるようです。硬い食べ物には唾液を出す効果もあります。

さらに「旨味を覚えさせる」ことも重要です。手軽で便利だからといって「●●だしの素」などを頻繁に使っていませんか?旨味は料理の満足を高める要素のひとつでもあります。昨今いろいろな研究がされていますが、味覚障害の方は旨味の感じ方が鈍くなっていると言われています。これも、先に挙げたようなファーストフードなどの食べ過ぎによるものと関係しています。昆布やかつおぶしを使った出汁は簡単に作れる上に、日本ならではの旨味がたっぷり含まれています。ここでもまた、和食のすばらしさを感じますね。あまり難しく考えないで、きちんと取った出汁でつくる味噌汁とごはん、そこに魚や肉の主菜と、野菜や海藻を使った副菜を組み合わせた献立はいかがでしょうか。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More