卵アレルギーのお子さんを持つママへ、気を付けたい食事のポイント

約 1 分
卵アレルギーのお子さんを持つママへ、気を付けたい食事のポイント

子どもの食物アレルギーのなかで最も多い、卵アレルギー

アレルギーというのは、身体に入ってきたウイルスや細菌などに対して、それが身体に悪影響を与えないものだとしても過剰に反応してしまうこと。赤ちゃんにアレルギーが起こった場合には、肌のトラブル(湿疹やかゆみなど)が出たり、鼻水やくしゃみが続いたり、目ヤニや充血が出たりします。赤ちゃんがかかるアレルギーのほとんどは食物が原因で起こるものです。乳幼児にかかったアレルギー、特に、卵・乳製品・小麦については、成長するにつれて治るケースも多いです。おやいつもと調子が違うな?何かおかしいな?と思ったらアレルギー検査を受けましょう。小児科、皮膚科、アレルギー科などで検査することができます。アレルギーを調べる検査は、血液検査や皮膚検査でアレルギーの可能性がある食べ物を特定して、食物除去試験や食物負荷試験でさらに詳しく調べていくというのが一般的な流れです。

子どもの食物アレルギーのなかでも最も多いのが、卵アレルギーです。全体の4割を占め、特に6歳までの子どもに多いと言われています。そのため、離乳食のなかでも卵はより慎重に始めるようになっています。原因のほとんどは卵白の成分にあるとされています。卵を食べていなくても、マヨネーズや母乳に含まれる卵の成分に反応して卵アレルギーになってしまう赤ちゃんも多くいます。母乳を与えた後で、赤ちゃんに湿疹など異常が現れた場合には「卵を食べていなかったか」を確認するようにしましょう。またお母さんがアレルギー体質やアトピー体質だと、子どもにも遺伝してしまうケースが多いことから、疑わしい症状があれば必ず病院で検査をすることをおすすめします。

卵が食べられない子どもは、他の食材でたんぱく質補給を

鶏卵は、比較的値段も安く色々な料理に使えて、成長に欠かせないたんぱく質を豊富に含む食材なので、子どもが卵アレルギーを持っていると料理の幅が少なくなってしまうのではと心配される方もあるかもしれません。でも、安心してください。他の食材でたんぱく質をしっかり補うことができます。例えば、鶏卵アレルギーだからと言って、鶏肉が食べられない訳ではありません。また、いくらなどの魚卵も食べても大丈夫です。肉や魚、大豆製品などをバランスよく摂っていれば、鶏卵が食べられなくても、必要なたんぱく質を補うことができます。

また、鶏卵は加熱することでアレルゲンが弱くなる性質があります。茹で卵や卵焼きは食べても大丈夫だという子どもでも、生卵や半熟卵を食べたらアレルギーが出たというケースもあります。同じ理由で、十分に加熱せずに卵を使っているマヨネーズ、アイスクリーム、カスタードクリームなどは、アレルギーを引き起こす可能性があるので、加熱した卵が食べられるようになっても注意していただくようにしましょう。その他にも、卵は色々な料理や加工食品に含まれています。「特定原材料」としての表記が義務付けられているので、必ず表示を確認しましょう。一見卵とは関係なさそうに見える「リゾチーム」というたんぱく質は、卵白由来のものでアレルギーを引き起こす可能性がありますので、注意してください。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More