牛乳アレルギーの子どもも大丈夫!カルシウムがしっかり取れる食事のポイント

約 1 分
牛乳アレルギーの子どもも大丈夫!カルシウムがしっかり取れる食事のポイント

子どもの食物アレルギーのなかで2番目に多い、牛乳・乳製品アレルギー

子どもの食物アレルギーのなかでも卵に次いで2番目に多いのが、牛乳・乳製品アレルギーです。牛乳のたんぱく質中に含まれる「カゼイン」がアレルギーの原因と言われています。カゼインは、発酵したり加熱してもアレルギーを引き起こす性質に変わりがないため、ヨーグルトやチーズ、カフェオレなどを摂取した場合もアレルギーを発症します。アレルギーのお子さんがいると加工食品などの原材料表示をしっかり確認する方も多いとおもいますが、「乳」という文字が入っていても「乳化剤」「乳酸菌」「乳酸カルシウム」などは牛乳とは関係がなく、牛乳・乳製品アレルギーを引き起こすきっかけにはなりません。一方で、「脱脂粉乳」「乳酸菌飲料」「練乳」「発酵乳」などは牛乳・乳製品アレルギーの原因となるので、注意が必要です。

アレルギーというのは、身体に入ってきたウイルスや細菌などに対して、それが身体に悪影響を与えないものだとしても過剰に反応してしまうこと。赤ちゃんにアレルギーが起こった場合には、肌のトラブル(湿疹やかゆみなど)が出たり、鼻水やくしゃみが続いたり、目ヤニや充血が出たりします。赤ちゃんがかかるアレルギーのほとんどは食物が原因で起こるものです。乳幼児にかかったアレルギー、特に、卵・乳製品・小麦については、成長するにつれて治るケースも多いです。おやいつもと調子が違うな?何かおかしいな?と思ったらアレルギー検査を受けましょう。小児科、皮膚科、アレルギー科などで検査することができます。アレルギーを調べる検査は、血液検査や皮膚検査でアレルギーの可能性がある食べ物を特定して、食物除去試験や食物負荷試験でさらに詳しく調べていくというのが一般的な流れです。

牛乳・乳製品が食べられない子どもは、他の食材でカルシウム補給を

カルシウムは、骨をつくる材料であり成長期の子どもには欠かせないものです。アレルギーのない子どもの場合は、牛乳を使ったグラタンにチーズを乗せてカルシウムの量を増やすなど、カルシウムを摂るための料理のバリエーションが豊富にあります。しかし牛乳・乳製品が食べられない子どもは、どうしてもカルシウム不足になりがちです。ある調査では、牛乳・乳製品アレルギーを持つ子どもはそうでない子どもに比べてカルシウムの摂取量が半分ほどだったというデータもあるそうです。

そこで、牛乳・乳製品アレルギーの子どもも食べられる、カルシウムを豊富に含む食材をご紹介しますね。まずは、桜エビ・しらす干し・わかさぎなどの小魚を料理のどこかに加えるようにしてください。和え物に混ぜたりごはんに乗せたり、炒め物に加えるのもおすすめです。次に、小松菜・モロヘイヤ・かぶや大根の葉などの青菜にもカルシウムが豊富に含まれており、緑黄色野菜としてもビタミンが豊富なので、1日のうちで必ず摂取するようにしましょう。茹でたり加熱したりすると、かさが減るのでたっぷり食べられます。最後に、豆腐・おから・納豆・味噌などの大豆食品もおすすめです。豆腐の場合は、絹ごし豆腐よりも木綿豆腐のほうがより多くのカルシウムを含んでいます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More