牛乳アレルギーの子どもも大丈夫!カルシウムがしっかり取れる食事のポイント

約 1 分
牛乳アレルギーの子どもも大丈夫!カルシウムがしっかり取れる食事のポイント

子どもの食物アレルギーのなかで2番目に多い、牛乳・乳製品アレルギー

子どもの食物アレルギーのなかでも卵に次いで2番目に多いのが、牛乳・乳製品アレルギーです。牛乳のたんぱく質中に含まれる「カゼイン」がアレルギーの原因と言われています。カゼインは、発酵したり加熱してもアレルギーを引き起こす性質に変わりがないため、ヨーグルトやチーズ、カフェオレなどを摂取した場合もアレルギーを発症します。アレルギーのお子さんがいると加工食品などの原材料表示をしっかり確認する方も多いとおもいますが、「乳」という文字が入っていても「乳化剤」「乳酸菌」「乳酸カルシウム」などは牛乳とは関係がなく、牛乳・乳製品アレルギーを引き起こすきっかけにはなりません。一方で、「脱脂粉乳」「乳酸菌飲料」「練乳」「発酵乳」などは牛乳・乳製品アレルギーの原因となるので、注意が必要です。

アレルギーというのは、身体に入ってきたウイルスや細菌などに対して、それが身体に悪影響を与えないものだとしても過剰に反応してしまうこと。赤ちゃんにアレルギーが起こった場合には、肌のトラブル(湿疹やかゆみなど)が出たり、鼻水やくしゃみが続いたり、目ヤニや充血が出たりします。赤ちゃんがかかるアレルギーのほとんどは食物が原因で起こるものです。乳幼児にかかったアレルギー、特に、卵・乳製品・小麦については、成長するにつれて治るケースも多いです。おやいつもと調子が違うな?何かおかしいな?と思ったらアレルギー検査を受けましょう。小児科、皮膚科、アレルギー科などで検査することができます。アレルギーを調べる検査は、血液検査や皮膚検査でアレルギーの可能性がある食べ物を特定して、食物除去試験や食物負荷試験でさらに詳しく調べていくというのが一般的な流れです。

牛乳・乳製品が食べられない子どもは、他の食材でカルシウム補給を

カルシウムは、骨をつくる材料であり成長期の子どもには欠かせないものです。アレルギーのない子どもの場合は、牛乳を使ったグラタンにチーズを乗せてカルシウムの量を増やすなど、カルシウムを摂るための料理のバリエーションが豊富にあります。しかし牛乳・乳製品が食べられない子どもは、どうしてもカルシウム不足になりがちです。ある調査では、牛乳・乳製品アレルギーを持つ子どもはそうでない子どもに比べてカルシウムの摂取量が半分ほどだったというデータもあるそうです。

そこで、牛乳・乳製品アレルギーの子どもも食べられる、カルシウムを豊富に含む食材をご紹介しますね。まずは、桜エビ・しらす干し・わかさぎなどの小魚を料理のどこかに加えるようにしてください。和え物に混ぜたりごはんに乗せたり、炒め物に加えるのもおすすめです。次に、小松菜・モロヘイヤ・かぶや大根の葉などの青菜にもカルシウムが豊富に含まれており、緑黄色野菜としてもビタミンが豊富なので、1日のうちで必ず摂取するようにしましょう。茹でたり加熱したりすると、かさが減るのでたっぷり食べられます。最後に、豆腐・おから・納豆・味噌などの大豆食品もおすすめです。豆腐の場合は、絹ごし豆腐よりも木綿豆腐のほうがより多くのカルシウムを含んでいます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More