思春期ニキビが気になったら?食事で改善するポイント

約 1 分

思春期ニキビ、その原因は?

ニキビというと「青春のシンボル」とも言われますが、本人や親にとっては出来るだけニキビとは無縁でいたいものですね。通常だと中学生や高校生になってホルモンバランスが乱れてくるとニキビが出てくるのですが、早い子だと小学校3年生くらいからニキビに悩まされるようです。これは「思春期ニキビ」とも呼ばれます。それほどひどくなることはないようですが、どうして良いか分からずに自己流のケアをしたがために悪化するケースもあります。そこで今回は、思春期ニキビを治す食事のポイントについてまとめてみます。

まず、思春期ニキビは、ストレスが溜まっている、生活習慣の乱れ、シャンプーなどのすすぎ残し、汚い手で顔を触るなどの、何気ない習慣が原因となっていることが多いとされています。そのため、ストレスを溜めないようにリラックスできる環境をつくったり、生活リズムを整えたり、sシャンプーはしっかり洗うようにしたりすることで随分と改善できます。人間には自然治癒力というものがあります。思春期ニキビが気になったら、薬に頼る前に、まずはこうした生活習慣を見直すことから始めましょう。

 思春期ニキビを食事で改善するポイント

食事が偏っていることによって、思春期ニキビが出てくる場合もあります。例えば、思春期ニキビを悪化させるものとして、脂っこいもの、甘いもの、炭水化物、刺激の強いものが挙げられます。まず脂身の多い肉や揚げ物など脂っこいものを食べることで、肌から油分が多く分泌されてこれが思春期ニキビをつくるモトになります。次に、チョコレートやケーキなどの砂糖がたくさん使われた甘いものを食べ過ぎると油分が体内に溜まりそれが思春期ニキビとなって現れます。炭水化物は、米・パン・パスタ類・うどんなど私たちの主食になるものですが、食べ過ぎると糖分になってしまい、これが思春期ニキビのモトになります。もちろん適量食べるのは問題ありません。もし白米を食べているのならば、白米を分つき米や玄米、雑穀米などに変えると糖質の量が減るので、同じ位の量を食べても思春期ニキビへの影響が少なくなりおすすめです。最後に刺激の強いものというのは、スパイスや辛いものなどです。こうしたものを食べると胃腸に負担がかかりホルモンバランスが乱れることで、思春期ニキビが発生します。

では、思春期ニキビを改善するのに効果的な食材はどんなものでしょうか。まずは、「ビタミン」をしっかりとることです。レバーや、小松菜・ほうれん草などの青菜、イチゴやキウイなどの新鮮な果物、かぼちゃやにんじんなどの色の濃い野菜などです。ビタミンをしっかり摂ることで、肌のターンオーバー(回復力)が正常にはたらくようになると言われます。ただし、ビタミン類の多くは加熱に弱いという特徴があります。できるだけ、常温の状態でサラダにしたり、ミキサーなどでジュースにしたりして食べるようにするのがおすすめです。

 

次におすすめなのが「亜鉛」です。亜鉛は、レバー、大豆、納豆、牡蠣などに多く含まれます。新陳代謝を高めて、肌のターンオーバーを正常化してくれます。また食物繊維もたっぷりとりましょう。根菜類や雑穀類などに多く含まれており、体内の毒素をしっかり排出してくれます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More