自然治癒力を高めよう!食事で子どものアトピーを改善するポイント

約 1 分
自然治癒力を高めよう!食事で子どものアトピーを改善するポイント

子どものアトピー、その原因は?

平成14年度に行われた調査によれば、乳幼児から小学生の10人に1人がアトピーになっているそうです。住んでいる場所(都市部なのか田舎なのか)や、生活環境によっても大きく割合は違い、いろいろな原因が絡み合っています。同じような環境で過ごしていても、発症する子どもと発症しない子どももいます。子どものアトピーは生後4か月から3歳くらいまでの間に発症しやすいと言われています。それは、大きく身体が変わっていくときだからです。食物アレルギーなどがあるかないかが検査できる生後4か月頃にかかったとしても、1歳半の頃にはおさまるケースもあります。また、あかちゃんの誕生月によってもアトピー発症率には差があるようで、秋生まれの赤ちゃんはアトピーになる可能性が高いようです。

主な原因として今言われているのは、卵や牛乳などの食べ物や、肌が乾燥したり汗をかいたりすること、そして建物のなかに潜むダニなどの影響です。子どもは、消化器官などがまだしっかり発達していないため、大人は免疫力があって何も感じない程度の刺激にも影響を受けてしまいます。原因が複雑で親ができることは限られていますが、そのなかでも肌が乾燥しないように保ったり、毎日丁寧にスキンケアをするのは大切です。アトピーは肌の乾燥が進んだり、免疫力が落ちてかかるかことが多いので、汗をかいたらすぐに清潔な衣服に着替えたり、清潔なタオルを持ち歩くようにするなど、こめまめに気を使うようにしましょう。

食事で子どものアトピーを改善するポイント

アトピーの原因は複雑ですが、最近の研究では「体内に溜まった毒素が皮膚の炎症としてあらわれたもの」「腸が弱っている証拠なので、腸をきれいにするとよい」と言われています。いわゆる、大人の吹き出物と同じ原因があります。また、身体が冷えていると巡りが悪く毒素が溜まってしまうので、子どもの身体が冷えていないかみてあげることも大切です。もし冷えていたら、足湯や入浴で温めたり、ウォーキングなどの身体が温まる程度の軽い運動を日課にしましょう。アトピーになるとアレルギー症状を抑えるために、病院へ行き、薬をもらいますが、身体の根本を治さなければ再発してしまいます。

食生活の改善は、身体の根本を治す意味からもとても重要です。では、アトピーなどアレルギーのある子どもにとって「摂った方がよい食材」は、海藻類、穀物、芋類、魚類、根菜類、葉野菜、発酵食品、良質の油(なたね油、オリーブオイル、ごま油など)、乾物(切り干し大根、干ししいたけなど)と言われています。逆に「摂らない方がよい食材」は、脂っこいもの、糖分の多いもの、動物性たんぱく質、食品添加物や農薬が多く含まれているもの、加工食品やレトルト食品、生のもの(生野菜アイス、クリームなど)。つまり、和食中心の食事はアトピーを持つお子さんにもやさしく、避けたい食材の多くは洋食向きのものと言われています。食育の意味からも、一汁三菜などの和食をしっかりと子どもたちにつたえていきたいですね。例えば、朝食であれば、ごはんに切り干し大根の味噌汁、納豆、季節の蒸し野菜、ドライフルーツなどを摂ってはいかでしょう。よく噛んでたべることもお忘れなく。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More