安心安全な離乳食(中期~後期)を手作りする基本ポイント

約 1 分
安心安全な離乳食(中期~後期)を手作りする基本ポイント

生後9~11か月のお子さんのための離乳食

赤ちゃんが生後9~11か月になると、離乳食も中盤にはいります。始めはトロトロのお粥だった離乳食が、少しずつ硬さのあるものも食べられるようになり、この時期になると食べられるものの種類も増えてきます。例えば穀物類で言えば、ごはん以外にパンやスパゲッティなども柔らかめに茹でて1センチ幅に刻むことで、赤ちゃんも食べられるようになります。また、豚肉や牛肉などの赤身や、あじ・さんま・いわしのような青魚も食べられるようになります。もちろん個人差がありますし、「5~7倍に薄めたお粥もきちんと消化しているか心配!」というママもいると思います。その場合は無理をせずに、少しずつ変化をつけていってくださいね。

お粥は、赤ちゃんの様子を見ながら、ごはん1に対して水3の割合で作ってみましょう。これに慣れてきたら、軟米へと移っていきます。色々なものが食べられるようになる時期なので、ママの負担も減らして、複数の種類の食材が食べられる離乳食をつくるのもおすすめです。例えば「野菜と豆腐のあんかけ」の場合だと、野菜を細かく切って出汁で煮込み、最後に片栗粉でとろみをつけます。もしくは、「野菜の卵とじ」もいいですね。細かく刻んだ野菜を出汁で煮て、卵1/2個でとじます。ごはんと一緒に食べることができます。ここに、茹でた野菜などを添えると見た目もきれいな離乳食になります。

食べる量も少しずつ増えて、お粥なら80~90グラム、野菜は30~40グラム、白身魚15グラムほどになります。1日3食を定着させるようにします。身体に必要な栄養を、食材から約6割摂取、おっぱいを欲しがらなくなります。食べ物の硬さの目安は、歯茎でつぶせるバナナくらいの硬さです。味付けは、しょうゆなどを風味付け程度に1~2滴加えるなど、薄味にしましょう。

 生後12~18か月のお子さんのための離乳食

そろそろ離乳食も後期に入り、完了する頃を迎えます。「かみかみ期」とも言われますが、手で食べものおを触って、前歯でいろんなものを噛もうとします。「手づかみ食べ」というのも、子どもの食べたいという意欲の表れです。まずは手づかみで色んなものを食べさせて、それからフォークやスプーンを使うようにしていきましょう。この時期は、甲殻類やハムなどの加工食品、刺激の強いもの以外は大人とほとんど同じものが食べられるようになります。ただ奥歯はまだ生えていないので、上手に噛めない子どももいます。食べものは、1センチ角位の大きさに切って、食感に変化を付けるようにすると楽しく食べられます。

この時期には、食べる量や気分にむらがあっても、1日3食を定着させるようにしましょう。おっぱいやミルクもほとんど飲まなくなり、ほとんどの栄養を離乳食から摂るようになります。調味料では、マヨネーズやケチャップ、カレー粉なども使えるようになりますが薄味が基本です。大人の味付けの3分の1程度に留めるようにしましょう。炊き込みご飯やおにぎり、サンドイッチ、ピザトースト、うどん、おでんなど食べられるものも大人と同じ位に増えて、食べる楽しみが育まれる時期になります。おやつも、プリンやパンケーキ、ヨーグルトなどを手作りして食べさせるのも良いですね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More