自然治癒力をアップ!食事で子どもの花粉症を予防するポイント

約 1 分
自然治癒力をアップ!食事で子どもの花粉症を予防するポイント

子どもの花粉症、その原因は?

花粉症にかかる人は年々増えています。2008年の調査では、国民の3人に1人が花粉症であるというデータが上がっています。花粉症になると、目がかゆくなったり、鼻水が出たり、頭痛がしたり…不快な症状が続きますね。そしてそんな花粉症に悩まされているのは、大人だけではありません。子どもの花粉症も年々増えてきているそうです。子どもの花粉症は、症状を上手く伝えられなかったりするので、親がしっかり観察して様子を見て手当をしてあげることが大切です。発症年齢もどんどん下がってきていて、他の病気を伴っている場合も多いです。成長とともに症状が軽くなったり治る場合もありますが、多くの場合は長い時間を治療に必要とします。

そもそも花粉症は、花粉によるアレルギーによって起こる症状です。主に鼻や目に症状が現れやすいのが特徴ですが、アレルギーを持っていると、他の場所にも影響を与えます。日本では、スギ花粉に反応する方が多いですが、その他にもヒノキ・ブタクサ・カモガヤなど色々な花粉があります。花粉症になっているかどうかを見分ける簡単なポイントは「熱があるかどうか」です。花粉症の症状は、一見風邪の初期症状と似ていますが、花粉の飛ぶ時期に熱はないのに鼻水や喉が腫れているということがあれば、花粉症の疑いがあります。気になる症状があれば病院などで検査を受けることをおすすめします。

食事で子どもの花粉症を予防するポイント

成長期の子どもの場合、花粉症の改善にあまり薬には頼りたくないですね。では子どもの花粉症を予防するにはどんなことに気を付けたら良いのでしょう。まずは基本的な生活習慣として「花粉が体内に入ってこないようにする」ことが大切です。マスクやメガネを着用したり、外出から帰ってきた時には手洗い・うがいを徹底するようにしましょう。また、花粉の飛ぶ時期には、毛羽だった衣服を着ないようにしたり、風の強い日には窓を閉めるなどの心がけも重要です。

子どもの花粉症を予防するために摂ったほうがよい食べものとしては、南瓜やピーマン、ほうれん草などの緑黄色野菜などが挙げられます。免疫力を高めるのに役立ちますので、しっかり摂るようにしましょう。また、最近流行っているルイボスティーなどのポリフェノールを含むものを積極的に食べましょう。活性酸素を除去してくれます。お茶であれば手軽に取り入れられるのでおすすめです。

そして、最近の研究では腸内をきれいにすることが大切というデータが出ています。海藻類、穀物、芋類、根菜類、乾物(切り干し大根、干ししいたけなど)といった食物繊維を多く含むものや、発酵食品などの消化を助けるもの、良質の油(なたね油、オリーブオイル、ごま油など)を食べるようにしましょう。逆に、避けた方がよい食材は、脂っこいもの、糖分の多いもの、動物性たんぱく質、食品添加物や農薬が多く含まれているもの、加工食品やレトルト食品、生のもの(生野菜アイス、クリームなど)です。身体が冷えていると巡りが悪く毒素が溜まってしまうので、子どもの身体が冷えていないかみるようにし、身体を冷やすものは控えて、身体を温める食べものや食べ方を積極的に取り入れましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More