離乳食から始める食育!毎日の食事にも取り入れよう

約 1 分
離乳食から始める食育!毎日の食事にも取り入れよう

離乳食から始める食育とは?

「食育」という言葉をよく耳にするようになりました。食育と一口に言っても、子ども向けのものも大人向けのものあります。もちろん早い時期から始めることで、食への意識も高まります。そこで、今回は「離乳食から始める食育」についてお話したいと思います。生後5か月ごろになると、離乳食が始まりますが、子どもの分だけを作るのは大変だし好き嫌いも多いからと言って、いつも同じものだけを食べさせていたりすると、それが後々の本当の好き嫌いになってしまったり、ということもあります。まずは、子どもが食べても食べなくても、なんでもあげることで、好き嫌いなく成長していくことを覚えておきましょう。

またこの時期には「食べ遊び」という、少しずつ好きなものをかいつまんで食べるという行為も始まり、悩むママ達も多いようですが、これも赤ちゃんが本能のままに食べることを楽しんでいる姿です。焦らずにゆっくりと食べものをあげて「美味しいね」「楽しいね」とやさしく声を掛けてあげることが大切です。

 今日から取り入れよう!子どもの食育のポイント

食育と言っても、難しく考えることはありません。家族みんなが集まって、美味しく食事をいただくことが基本です。最近よく言われる「孤食」とは家族がバラバラの時間に食事を取ることで、「個食」とは家族みんなが揃って食べていても食べるものがバラバラという状態のことです。ライフスタイルの変化により、理想と現実のギャップがあるのも否めませんが、こうした二つの「こしょく」を解消することからまずは始めてみましょう。ある調査によれば、家族が揃って夕食を食べる世帯は、全体の4分の1だと言われています。難しいことにこだわるよりも、「土日は家族一緒に食卓を囲む」「平日でも週に2回は一緒に食べる」など、出来ることから始めてみてくださいね。

子どもの食育では、「食への関心を育むこと」「食事への感謝をすること」が大切です。食への関心を育むためには、野菜であれば種まきから収穫、調理までの一連の流れを実際に体験してみることが効果的です。そうすると食材への愛着や関心が芽生えて、それまで嫌いだった野菜が食べられるようになることもあります。また誰かと一緒に作業をすることで、人間同士の絆やコミュニケーション力も育ちます。次の食事への感謝をすることも、食への関心が高まっているとスムーズに感じることができます。「いただきます」「ごちそうさま」と手を合わせて言葉に出し、いろんな命をいただいていることに感謝してみましょう。飽食の時代と言われていますが、やみくもに食材を食べ過ぎたり、自分の好みで料理を残したりということも少なくなるはずです。

では、どんなものを食べたら良いのでしょう。簡単に言えば、主食となる米やパンなど炭水化物の「黄色」、主菜となる肉や魚などの「赤色」、副菜となる野菜や海藻などの「緑色」が必ず食卓にのぼるようにしましょう。「今日は全部の色が入っているかな」「どの色が足りないかな」と確認すると良いですね。ごはんや麺類に偏った食事だと、色のバランスも悪くなります。麺類のときには、主菜の「赤色」や野菜の「緑色」を加えるなどして、調整するようにするといいでしょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More