子どもへの食育とは

約 1 分
子どもへの食育とは

食育の重要性

食育とは教育の一つのあり方で、その中でも食を通した国民の教育となっています。食への知識をつけ、身体的にも精神的にも健康を維持できるような人となることが目的です。生物において食の重要性は明らかで、身体の形成を担っています。しかし人間は食に対してもう少し複雑に関わり合いを持っていて、長い歴史の中で食に関する文化が作られているということがあります。人間は本能的に食材から栄養素を摂取しているだけではなく、理性を持ってその在り方を独自の形態へと変化させてきたのです。動物においても知能が高いものだとこの傾向が少し見られます。そうしたことが繰り返されてきた結果、それぞれの地域において特徴ある食文化ができ、郷土料理というものもできてきました。郷土料理に関してはその土地で収穫できる食材に違いがあるということもあるため一概には言えませんが、調理方法の違いなどはその土地における人たちの意志によって形成されてきたものと言えます。そもそも調理という行為自体、動物においても似た行動はあるものの、人間の特徴であるとも言えるのです。これには、単なる学習による行動と、知識を集約させてきた文明的行動との差があります。また動物全体を考えたとき食べる食材の偏りが大きいというのも人間の特徴です。人間には好き嫌いが多くあり、そしてアレルギーによる食べられる食材の違いもあります。こうした文化や偏食は人間の個性でもありますが、近年ではこうした食環境の流れが大きくかわってきています。その変化には、人間に悪影響を及ぼすものもあり、改善へ向けて食育という考え方を普及させ、食生活の全体の見直しがされています。そうした教育はこれからの時代を背負っていくこととなる子供たちに力を入れて行われているのです。

子どもへの食育

食事によって人間はエネルギー補給、栄養補給をし、その血肉を作っています。成長段階にある子供たちにとって食事は特に重要で、正しい栄養バランスをもって食事をとることで健康な体へと成長していきます。また食に対する感謝の念を忘れないことも大切です。現代の日本では多くの食べ物が流通し食材の種類だけでなくその量も多くあり、飽食とまで言われています。食べ物に困っていない状況で育ち、いつでも食べられることが当たり前と思ってしまっては食へのありがたみは当然無くなってしまいます。しかし実際に食べている料理は自然の恵みによるものであり、その食材を生産している人たちの苦労の元食べられているのです。健康のための知識をつけることだけが食育なのではなく、こうした食を取り巻く流れを知ることも食育となるのです。特にこういった内容は幼少期に身につけておくことで人格形成に影響し、生涯の食生活を変えていくことになるのです。学習したことや経験した内容を後世に伝える役目としても食育は大事なため、若者や子供に向けた食育推進の動きは活発なのです。具体的にはこの活動内容として保育園や学校等で食について接点を多く持つように機会が与えられています。教諭による食の教育から、給食で郷土料理を味わうことなど、そのアプローチの仕方は様々です。できるだけ子供たちが食に関して意欲を持つよう工夫がなされています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More