保育園で行われている食育の計画

約 1 分
保育園で行われている食育の計画

食育推進の重要性

食事をとることは人間にとって、単純に生命として栄養を補給し身体の活動を持続するための行為ではありません。食を通じて人とのコミュニケーションをとることや食にまつわる文化を形成することもあります。そのため人間にとって食への関わり方次第で、人格に影響を及ぼす可能性まで秘めているのです。特にその影響を受けやすいのは子供です。幼少期に食への接点を持たないまま成長するとマナーの欠落や食生活の乱れも出てくる恐れがあり、食への感謝の気持ちも持ちづらいです。特に近年では欠食や孤食、栄養バランスの取れていない食事をとる人の割合も増えています。このような状況を見直すために様々な取り組みがされています。

保育園での食育

小学校や中学校においても食育推進は積極的にされています。保育園でも同様に食育の推進をするよう呼びかけられていますが、小学校未満の子供は年齢による成長具合に差が大きくさらに個人差も顕著です。そのためその成長時期に合わせた食育推進計画を立てることが必要になってきます。厚生労働省では各保育園がよりよい計画が立てられるよう情報の提供等の支援を行っています。

計画作成における注意点

保育園において、お腹がすくリズムがもてる子供、食べたいものが増える子供、一緒に食べたい人がいる子供、食事作りにかかわる子供、食べ物を話題にする子供の実現を目的に食育推進をしています。この目的を達成できるような計画を立てるための注意点は、すでに述べた成長段階に合わせた短期的計画の作成、ほかには子供たちが食への興味関心をもつような長期的計画を作成することなどがあります。もう少し詳細に説明すると、長期的な計画に関しては、例えば季節や地域の行事などを考慮して、子供の生活に変化と潤いを持たせることとされています。この行事等は子供が楽しく参加できるものであり、食に関する体験が豊かなものになるよう、日常の保育と調和のとれた計画の作成・実施が求められています。

成長に合わせた計画

3歳児未満の子供は一般論による区分をし、計画を設定するのは難しく、個人差に合わせた計画が必要です。そして食の充実を図るため保育園の職員と家庭とで連携を密に取って、配慮することが重要になってきます。3歳児以上の子供には集団での生活を意識した食育が大切です。協調性を持ちながら、その中で自己が発揮できるように配慮しなくてはなりません。

計画の改善

一度作成した計画が完璧であることはほぼありません。常に反省を繰り返して改善をしていく必要があります。また子供たちを取り巻く環境は常に変化していくため、その状況に合わせた対応ができるような計画へと更新しなくてはなりません。計画の評価・改善のための計画も必要となり、定期的または不定期でも、実践した内容に対して評価をしていくことが重要です。このことを実現するには子供たちへの食育推進そして教育のみならず、職員の学習と向上心が欠かせません。保育園ではこのように子供たちのことを考えた指導、そして計画を作成して活動しています。子供たちは将来の社会を担う存在となるため、この時期から食育の考え方をきちんと身につけることが日本の未来を変えることに繋がるのです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More