地産地消で食文化を守る食育

約 1 分
地産地消で食文化を守る食育

地産地消とは何か

地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち知ってもらうことによる教育的な面と、地元農業活性化に繋がり、日本の食文化が守られていくという面があります。
子ども達への食育活動として身近なものは、「食育基本法」により地産地消を進めていく上で、地域の食文化の保持や味覚の発達等から食育の取組との連携が重要であると考えられ、学校給食の中で地産地消を考えた献立や取り組みがされているところも増えてきていることです。他にも地方自治体の地域活動、児童の体験学習や直売所、観光、外食でもふれる機会はふえてきています。

地元特産品の見直し

身近に手に入る食材に目を向けてみましょう。海に囲まれ、豊富な海産物を新鮮な状態で手に入れることができます。昔はサンマがたくさんとれた時、新鮮なままでだけでなく干物やつくだ煮など加工して長期保存し、炊き込みご飯、お寿司などに調理して食卓に利用されていました。干す。塩漬けなど加工し、小出しに食卓に並べるという知恵や作業は昔から守られ伝承されてきましたが、徐々に食卓に登場する機会は減ってきています。スーパーなどに行けば、簡単に食材も加工品も手に入り、国産以外にも輸入品など増え、いつでもほしいものが手に入るようになりました。地元でとれるものを購入することは価格も安く購入することができます。家計にも優しく、地元活性化に貢献することになります。旬の時期の食材は栄養価も高く、旬を知ることや食材について加工される前の状態を知ることなどは子どもの食育に繋がります。新鮮で安全な身近で取れる食材で、本来のうま味がわかるように食卓にとりいれてみましょう。地元特産品の見直しをすることはこと、子供にの豊かな五感育成になるでしょう。

子どもたちに伝えよう!郷土料理

その土地で収穫された食材を、風土に合った調理に工夫されて受け継がれている「ふるさとの味」が郷土料理です。郷土料理には普段の食事やお正月や日本行事の特別な日に出される料理があります。日本には四季があり、季節の移ろいを楽しみ、様々な食文化が伝承されてきました。
今では、日本だけの行事だけでなく海外の風習も取り入れられていますが、日本文化の伝承・食の営みを大切にすること、次の世代にも引き継いでいきましょう。
例えば、お雑煮です。お雑煮の餅の形は丸か四角か、餅の中に小豆あんが入る地方もあります。汁は澄まし汁仕立てか味噌仕立てか、具材は野菜だけ、肉や魚を入れるなど具材もその土地に合ったものをいれます。身近なところにも地産地消の伝承料理は受け継がれているのです。特別難しいことではなく、そうした日常の中でも自然と受け継がれたものを子供にも伝えていくことが食育に繋がります。まずは自分の家の伝承料理を受け継ぎ、残していきましょう。

食品の鮮度・産地・旬を知る

今、「旬」のおいしさを知らない子供も増えています。魚は切り身が主流となり、細い中骨まで取り除いてあったり、キャベツや大根などの野菜も1/2カットされていたり、カットされ加工された状態でのカット野菜が売られていたり、知らないまま子供時代を過ごしてしまうこともあり得るのです。魚の絵を描かせたら、「海の中をマグロの切り身が泳ぐ」絵を描いた子もいたという話を聞いたことはないでしょうか。輸入品やハウス栽培食品もあり、通年どこでも手に入り、家事労働時間の短縮や合理化に合った加工された食材も手に入るようになり、丸ごと購入したり、畑で野菜を作る機会も減り、子供たちは知る機会が減少しています。
地産地消の食品は、食材も新鮮で旬の時期に旬のものが並んでいることが多く、丸ごと売っていることも多いので、将来的に旬の美味しさや鮮度の見極め、食材の形を見て知る食育に活用してみてください。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More