食育~咀嚼・よく噛んで食べよう~

約 1 分
食育~咀嚼・よく噛んで食べよう~

「よく噛んで食べましょう」という言葉は食事を食べる際によく使われる言葉です。しかしそれにより、どのような効果をもたらすのか知らない人は多いです。

今回は租借について、その効果等をご紹介していきます。

現代人の咀嚼回数が激減している為、それを基に引き侵される様々な健康障害が深刻な課題になっています。

咀嚼回数の歴史

一食あたりの咀嚼回数と咀嚼時間ですが、弥生時代からのデータがあります。下記のとおりです。

時代 咀嚼回数 咀嚼時間

弥生時代・3990回・51分

鎌倉時代・2654階・29分

20世紀初頭・1420回・22分

現代・620回・11分

昔はどんぐり等の木の実や、玄米などよく噛んで食べなければならないものを多く食べていました。しかし現在では手軽に食べられる加工食品や食の欧米化に伴い柔らかいメニューの食べ物が増えた為、沢山噛まなくても食べられるようになっています。

弥生時代と比べ、現代の咀嚼回数はわずか1/6になっていることがわかります。また、この減少によって引き起こされる健康障害として、顎が小さくなり歯並びが悪くなる。唾液の減少により消化吸収が悪くなる、これにより肥満につながる。噛み合わせの悪さから肩こりや頭痛がおこりやすくなる。などが挙げられます。

このように、私たちの健康にさまざま影響を及ぼすことが分かっています。特に、肥満率の増加が深刻になっている現代人にとって、噛むことは健康への第一歩です。 まずは、よく噛む食品を選び、生活の中にどんどん噛む習慣を取り入れていきましょう。

噛むことのメリット「卑弥呼の歯がい~ぜ」

1990年に咬むことの大切さを考えることを目的として発足した「日本咀嚼学会」では「ひみこのはがいーぜ(卑弥呼の歯がいーぜ」という標語を紹介しています。下記のとおりです。

ひ・・・「肥満防止」よく噛むことで満腹中枢が刺激され、肥満防止につながります。

み・・・「味覚の発達」ゆっくりと味わう事により、味覚の発達を促します。

こ・・・「言葉がはっきり」口のまわりの筋肉を使う事によって、言葉の発生や表情がはっきりになります。

の・・・「脳の発達」脳の血流が増え、記憶や学習能力の向上に繋がります。

は・・・「歯の病気の予防」歯茎が刺激されて血流がよくなります。唾液によって病原菌が洗浄され、口臭や歯周病などの防止に効果的です。

が・・・「ガンの予防」唾液の中に含まれるベルオキシダーゼという酵素がガンの発生を抑えると言われています。

い・・・「胃の発達」消化を助け、食べ過ぎを抑え、胃腸の働きを活発にします。

ぜ・・・「全身元気に」かみしめる力を養う事により、集中力を高める事が期待できます。

このように、よく噛んで食べる事にはさまざまなメリットがあります。

咀嚼回数が多くなる食材を取り入れよう

噛む回数を増やすという事は、意識し続け習慣にする必要があります。一口で30回噛もう、と言われるように、習慣を作る幼少期から咀嚼回数を多くしておく事をおすすめします。

そして、よく噛まないといけない食材をメニューに取り入れましょう。例えば、白米よりも玄米のほうが硬い為、必然的によく噛んで食べる事になります。白米に少し混ぜるだけでも効果はあります。

他に、イカやたこがおすすめです。カレーやシチューなどの柔らかいメニューでも、あえて野菜を大き目に切ったり、歯ごたえのあるかたさに煮る等、様々な工夫をこらす事ができます。

咀嚼回数を増やす事によるメリットを考え、意識して定着させていきましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More