なすは皮ごと食べると良い!?なすの栄養と健康効果を紹介!

約 1 分
なすは皮ごと食べると良い!?なすの栄養と健康効果を紹介!

1 なすの起源・由来

なす(学名:Solanum melongena 和名:茄子)
なすは、ナス科ナス属に属します。
茄子の原産地はインド東部といわれています。インドでは紀元前から栽培されていたそうです。
中国に伝わったのは紀元前5世紀頃で、色々な品種が出来たようです。
ヨーロッパに伝わったのは13世紀頃ですが、熱帯植物のためあまり普及しなかったようです。
東南アジアでも古くから栽培されていて、赤・黄・緑・白など様々ななすが、作られています。
日本にいつ渡来したのかはわかりませんが、少なくとも奈良時代には栽培が行われていたようです。
日本各地に広がったなすは、それぞれの地域ごとに改良が進み、さまざまな品種に枝分かれしていきました。

なすの名前の由来は諸説あります。実から「中酸実(なかすみ)」を略したという説や、収穫の時期から「夏実(なつみ)」が転訛した説、「茄」が食物をさし、「茄子」は果実をさすためとも言われています。

2 なすの種類

なすは様々な種類があります。
日本で多く流通している一般的なものが「中長なす」で13〜15cmくらいの長卵形で、皮は濃い紫色です。皮、果肉ともほどよいやわらかさで煮物、焼き物、揚げ物などさまざまな調理に使えます。
長さが20cm前後の「長なす」は、皮が少しかためで果肉はやわらかく、焼きなすや田楽、炒め物、煮物などに適しています。
コロッとした「丸なす」は、大きさは野球ボールやソフトボールくらいで、皮の色は濃い紫で肉質は緻密でずっしりとしています。
「米なす」はアメリカの品種を日本で改良した大型のなすです。皮の色は黒紫でヘタが緑色をしています。果皮はかためで肉質は締まり煮崩れしにくいのが特徴。焼き物や煮物、田楽などに向いています。
「水なす」は水分が多くて皮、果肉ともやわらかく、漬け物にするのがおすすめです大阪の泉州地方の特産として有名で、絞ると水分がしたたるほどみずみずしく、アクも少なくほのかに甘味もあります。
皮の色が白い「白なす」は、アントシアニン色素や葉緑素がないため完熟しても果皮が紫色になりません。皮は少しかためで炒め物や揚げ物に向いています。

3 なすの栄養・効果

なすの皮にはアントシアン系色素である「ナスニン」というポリフェノールの一種が含まれています。ナスニンは発がんや老化を抑制する抗酸化作用が強く、眼精疲労にも効果があるといわれています。そのため、なすを調理するときは皮ごと使いましょう。
カリウムも比較的多く含まれています。カリウムは血圧の上昇を抑える作用があるので、生活習慣病の予防にも効果が期待できます。
なすには体を冷やす作用があり、「秋なすは嫁に食わすな」という言い伝えは、「なすは体を冷やすので、涼しくなり始める秋にお嫁さんが体調を崩さないように」という気遣いを表していると言われています。ですので、暑い日にほてった体を冷ますには、なすはうってつけの食材です。
なす自体は低カロリーの食材ですが、調理過程で油をたくさん吸い込むので、油を使用した料理はカロリーを気にしている人は食べすぎに注意が必要です。

4 なすの選び方・保存方法

新鮮ななすは、濃い黒紫色で表面にしわがなく光沢があり、ヘタの切り口が新しく、痛いぐらいとげが鋭いのが特徴です。ヘタが実に対して大きく感じられるものはまだ未熟です。はち切れそうな弾力があり、大きさに見合う重みがあるものを選びます。

なすは冷気と乾燥が苦手なので新聞紙などに包んで涼しい冷暗所、または冷蔵庫の野菜室で保存します。室温の場合2日くらいは持ちますが、気温の高い時期や少し長めに保存したいときは冷蔵保存します。
冷蔵する場合は、新聞紙で包んでポリ袋に入れて野菜室にいれます。ただし冷やしすぎるとかたくなり味が落ちるのでなるべく早く食べます。

5 なすのまとめ

味にくせがないなすは、どんな調理法でも美味しくいただける素敵な食材です。
焼きなす・麻婆茄子・天ぷら・フライも美味しいです。おみそ汁の具にも活躍してくれます。カレーライスに入れても、パスタにしても何でもあうので、大助かりです。
なすの煮びたしは、我が家の定番メニューです。なんっちゃって煮びたしなので簡単に作れるので助かります。鍋に水と料理酒・好みの量のめんつゆを入れ火にかけます。火にかけている間になすを切って、切ったものからお鍋に入れていきます。沸騰してなすに火が通ったら出来上がりです。少しおいて味をなじませてから食べます。

実家では「白なす」を毎年作っているので、夏になると必ずもらいます。子どもが白なすが大好きで、白なすを見ると大興奮しています。
白なすのお勧めは「焼きなす」です。普段しょうがをあまり好まない子どもも、白なすの焼きなすだけは、しょうが醤油につけてもりもり食べています。
白なすは買うと高いので、もらった時限定になってしまいます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
食育基本法
近年、「食育」という言葉が様々なメディアで取り上げられるようになりました。 食育とは、様々な経験を通じて「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する人間を育てる事です。 「食」で「育む」と書いて食育。食育により、体と心を育みます。 &...
三大栄養素でバランスが整う食育
目次栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分三大栄養素とは何か炭水化物タンパク質脂質三大栄養素を上手に取り込もう 栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分 私たちは食事により呼吸、体温の保持、体を動かすなどの生命維持を行います。子供はさらに...
More